【着用レビュー】髪型別のアレンジ方法も!kobo orizaの「マフラー」を3名のスタッフが巻いてみました

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

本日発売のkobo orizaの変わり織りマフラーを、3名のスタッフが巻いてみました!

さっと巻くだけで決まるkobo orizaのマフラー。だけど髪型別に合う巻き方ってどんなもの?

今回は特別にスタイリストの西森さんを招いて、ショートヘア・ボブ・ロングのそれぞれに似合うマフラーの巻き方アレンジを教わりました。

自分ならどんな風に着こなすかな〜、何色を選ぶかな? と、想像を膨らませながらご覧ください。

 

1年前から愛用中!
コーデの差し色にぴったりな秋冬の優秀アイテム
ショートヘア代表:店長佐藤

▲ダークトーンのシンプルコーデが……▲巻いてみたらパッと明るくなりました!

佐藤:
「このマフラーとの出会いは昨年の秋のはじまり。ウィンドーショッピングしていたときに、ふと目にとまって一目惚れしました。

わたしは普段からブラックやネイビーなどの服を着ることが多いので、マスタード色が入ったこのマフラーは、秋から冬にかけてコーディネートに華やかさを足してくれる、優秀なアイテムだと感じています。

そして何よりちゃんとあたたかい!

手首、足首、そして首。できるだけ『首』とつく場所を冷やしたくない年齢のわたしにとっては、コーデを楽しみながら身体もいたわれる必需品となっています。

そんな愛着のあるマフラーを、わたしたちの店でも扱える日がきたことが嬉しいです」

スタイリスト 西森さん:
「ショートヘアの場合は、首回りがスッキリしているのでそれを生かした巻き方にしてみました。

さっとひと巻きするだけでも、色柄がしっかりと見えて、シンプルな装いのアクセントになりますね。

ポイントは首回りに空気を含ませるように『ゆるっと』巻くこと。こうすると、抜け感とニュアンスが出て、より大人っぽく着こなせませす」

 

チクチクしないのが嬉しい!
まるでタオルのようなふんわり生地のマフラーです
ボブヘア代表:お客さま係望月

望月:
「生地のふんわり感に驚きました。タオルのような柔らかな肌触りがいいですね。首周りのチクチクが苦手なのですが、これはまったくと言っていいほど感じませんでした。

マフラーはいくつか持っていますが、シックな色合いの物に挑戦するのは初めて。想像より手持ちの服に合わせやすくて驚きました。

周りからは『落ち着いた雰囲気に見える』と褒められ、嬉しかったです! コーデの引き締め役として身に着けたいなと思いました。

男女兼用で使えるカラーなのも、嬉しいポイントですね」

スタイリスト 西森さん:
「ボブヘアの場合は、髪の毛がマフラーに当たるのが気になるという方も多いと思います。そんなときはぐるぐる巻くよりも、マフラーをきちんと折って巻くのがオススメ。

ポイントは巻いた後に、マフラーの端をきちんと整えること! そのちょっとしたひと手間をかけることで、ぐっとおしゃれになりますよ。

マフラーに当たる髪の毛は、マフラーの中に入れてしまえばシルエットもスッキリし、暖かくすごせます」

 

「巻くだけ」でちょうどいい!
絶妙なボリューム感が嬉しいです
ロングヘア代表:編集スタッフ二本柳

二本柳:
「難しく考えなくても、くるくるっと巻くだけでちょうどいいボリュームになってくれるマフラーですね!

とても不器用なので、マフラーの巻き方にはいつも悩まされます。『どうしたらおしゃれになるの?』と迷走するのが毎度のことですが、これなら気軽に楽しめそうでした。

今回、西森さんに教えていただいた巻き方も、どちらも基本的に『巻くだけ』。本当に簡単なので、首元にボリュームを出したいときに、ぜひ取り入れてみていただきたいです。

もうひとつ嬉しかったのが、しっかりあたたかいけれど、巻いてるのを忘れるくらい軽いこと。一日中つけても肩こりしらず。室内で軽く巻くのにもちょうどいい厚みです。

落ち着いたマロンブラウンのカラーリングは、ほどよくポイントになってくれました。すとんとしたワンピースやオーバーオールの首元にアクセントとして使いたいです」

スタイリスト 西森さん:
「ロングヘアの場合は、髪をまとめると首が急に寒く感じられるかと思いますので、ぐるぐる巻いてボリュームを出してみました。

色や柄が表に出るように気をつけながら巻き、仕上げは端を結ばずに中に入れ込んだだけ。それでもしっかりボリュームが出ます。

ただ巻くだけでも十分素敵に仕上がるのですが、巻き終わりを前で結んでみても、コーディネートのワンポイントになりますよ」

▲前結びにしてみるとまた違った雰囲気に♪

合わせる洋服はもちろん、巻き方ひとつででさまざまな表情を見せてくれる変わり織りのマフラー。

皆さんはどうやってコーディネートを楽しみますか?商品ページもぜひご覧くださいね!

▼商品ページはこちら

スタイリスト 西森 萌

大学卒業後、アパレルの販売員をへて、岡尾美代子氏に師事。2011年にフリーランスとして独立。雑誌や広告、カタログを中心に、インテリアや雑貨、ファッションなど幅広く活動中。


本日の編集部recommends!

お得な前売り券と限定パンフレット販売中!
映画『青葉家のテーブル』のインテリア紹介やレシピを詰め込んだ「限定パンフ」付き前売り券です。

【特別企画】「母の日限定ギフト」が今年も登場です!
私たちが本当に贈りたいと思ったアイテムを厳選!限定ボックスでお届け♩

Buyer's selection|ちょっとそこまで。
ちょっとした外出にもおすすめの、ボトムスやバッグなどを集めました!

うんともすんとも日和 特別編
「誰かを喜ばせたい」20代の頃から変わらない想いって?『北欧、暮らしの道具店 』店長・佐藤友子

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像