【新商品】カジュアルな装いにもぴったり♪ パンツ派さんにもおすすめしたいギャザースカートをつくりました!

2019年夏のレディースマキシ丈のスカートをご紹介。ギャザースカートは太って見えると悩む方もいますが、このスカートは広がりをおさえた美しいシルエットだから、腰回りをすっきり見せてくれるんです。色はネイビー、マスタード、グレーの三色。イエローは、少しくすみ色で発色がきれいだから夏らしさが高まります。素材はコットン100%で長めの裏地は固定されているから中でぐるぐる回らず、履きこごち抜群です!

バイヤー 市川 バイヤー 市川

こんにちは、バイヤーの市川です。

新緑がキラキラ輝いて、気持ちのいい季節になり、いよいよ夏も近づいてきたかな?と感じる日もありますね。

そんな本日は、「私になじむ新定番」パンツ派さんにもおすすめのギャザースカートをご紹介します!

 

いつもの自分のままに、安心してはけるスカートがあったら……

私は普段、パンツスタイルが多いです。

慌ただしい日々を過ごす中、本当はスカートをはきたい日も、つい動きやすいパンツを選んでしまいます。

ふんわり揺れるスカートをはいている人を見ると、私もあんな風にはきたいな……と思いつつ、はき慣れていないから、なんだか恥ずかしいな、似合っているかなと不安になり、スカートを自ら遠ざけていたのかもしれません。

スカートをはくなら、トップスや靴の組み合わせはどうしたらいいんだろう?それも悩みのひとつでした。

そんなモヤモヤを少しだけ解消できて、普段パンツスタイルが多い人も、これならはける!と安心と自信が持てるようなスカートをつくりたい!

その想いから、このスカートの企画が始まりました。

 


「いつもの定番に近いから」
それをスカートをはく理由にしてみたら


色はワードローブと相性がいいものを

まずはみなさんが持っているパンツって何だろう?と考えました。

いつものパンツコーデのボトムスを、スカートにかえるだけで気軽にコーディネートが成立するようにしたいと考え、はじめに思いついたのが「デニム」でした。

ネイビーは定番カラーで馴染みがあり、デニムのかわりにはきこなせるかもしれない!と私自身わくわくしました。

そして、簡単にニュアンスカラーのコーディネートが楽しめるライトグレー。

白やベージュのトップスと合わせれば、涼しげなニュアンスコーデが楽しめます。真っ白と比べて汚れが目立ちにくいので、いつも通りに過ごせそうですね。

さらに、意外と何でも似合う優秀さんのイエロー。

落ち着いた大人のイエローにすることで、白や黒、ボーダーなど、様々な色と馴染んでくれます。

今日はちょっといつもと違う気分でお出かけしようかな、という日を後押ししてくれる色になりそうですね。

いつもの定番コーデを考えながら、色を選んでみても楽しいですね ♪

 

控えめだけどちゃんとカバー!頼れる絶妙ギャザー

店頭でギャザースカートを見つけるたびに、試着しては戻しを繰り返していた私。なぜだろう?とその時の気持ちになって考えてみました。

理由は、ギャザーがたくさん入って素敵だけど、腰まわりが盛り上がって見えるのが苦手ということでした。

ギャザーがきちんと入っていて、ふんわり素敵だけど、絶妙に腰まわりをカバーするギャザースカートがあったらいいな……。

どのくらい入れたらベストなのかを探り、たどりついた絶妙なちょうどいい大人のギャザースカート。

腰まわりが気になる私でも、これならはけるかも!と思えるギャザー分量に仕上がりました。

トップスをインしてみたり、アウトしてみたり、自分らしいコーディネートを見つけてみてくださいね。

 

透けにくい、まとわりつかない、気持ち的にも心地いいスカートに

薄手のスカートをはいている時に、何となく気になるのが、透けないかということでした。

お天気がいい日は尚更気になり、ソワソワしてしまったり……。

そんな気分にならないような、透けにくいスカートだと嬉しいなと思い、何種類かの裏地を試してみました。

夕日を背にして仁王立ちをして、鏡をみて透け具合を確かめたり(笑)

そして、やっと納得のいく裏地に出会いました。

さらっとしていて、透けにくいスカートで、気持ちも心地よく過ごせます。

 

ほんの少しに想いを込めて

スカートが舞い上がるのが恥ずかしくて、風の強い日などは、スカートの脇をしっかり握って歩くことも。風がやみ、握った部分を見た時の、極端に目立つシワが苦手でした。

どうしたら舞い上がらないのかな?と考えた結果、裾の縫い代を多めにとり、少しでも重く、舞い上がりにくくなるようにしてみました。

重さにするとほんの少しかもしれませんが、実際にスカートをはいて歩いても、安心することができました。

他にもオススメしたいポイントがあります。

暑くなると汗をかきやすいウエストですが、できるだけ快適に過ごせるように、細いゴムを2本にし、しっかりと支えながらも、軽く仕上げました。

また、ゴムを止めるステッチの間隔を狭く設定し、ねじれにくく、例えねじれても直しやすいように工夫しました。

これで脱ぎ着や、お洗濯の度にゴムを直す手間も簡単になりますね。

 

今すぐから夏にも、秋のはじまりにも活躍しそうなスカート

長袖にも半袖にも似合うから、今から夏そして晩夏、初秋まで長く楽しめるギャザースカートです。

スカート丈はパンツ派さんも安心の長めの丈に。ハイカットのスニーカーやサンダル、どんな靴にも合うように考えました。

いつもの定番に近いから、毎日の装いとして、長く楽しめることができます。

定番の1着としてワードローブに加えたいと思ってもらえるスカートであったらいいなと思います。

みなさんにご紹介するにあたり、考えました。私だったら何色かな……。

答えはネイビーでした。普段はデニムに、ボーダーや白のトップスを合わせることが多いから、まずはデニムの代わりにネイビーで挑戦したいと思いました。

長く楽しめる色なので、秋の始まりにもデニムジャケットなどと合わせたいなと思っています ♪

スカートが自分に馴染んできたら、また違う色も試したくなりますね。

普段、手に取らないスカートでも、トップスや靴で悩む必要がないように、いつものワードローブで、はいていただけるように考え抜いたスカートです。

お手持ちのワードローブを見て、考えることを楽しみながら選んでいただけると嬉しいです。

 

\ 商品ページはこちらから /

photo:鍵岡龍門 (15.20枚目を除く)
model:美代(BARKinSTYLe)
hair&make:小林亜弥(LIM)

※このコンテンツの著作権は株式会社クラシコムが保有し、肖像権については所属事務所(BARKinSTYLe)が保有しております。無断でのコピー、転載、転用は固くお断りいたします。


本日の編集部recommends!

新商品
さっと付け替えできてストレスフリー!気の利く「ボックスシーツ」つくりました。

最新の再入荷
雨の日でも快適に!野鳥の会の長靴が全サイズ揃いました♪

配信中!
私たちが大好きな「あの人」のいまの生き方に迫る、ドキュメンタリー映像をお届けします!

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像