【新商品】オリジナルのハットをつくりました♪屋内ではコンパクトに、気になる部分はお手入れも!

バイヤー 加藤 バイヤー 加藤

こんにちは、バイヤーの加藤です!

5月も半ばを過ぎ、日差しが強い日が増えてきましたね。

そんな本日は、これからの季節のマストアイテム「夏のお出かけにうれしいカタチ」丸めてバッグにしまえるペーパーハットをご紹介します!

 

理想を求めて、とうとうつくりました

紫外線が気になるお年頃ということもあり、春から夏にかけて日よけの帽子は手放せないアイテムのひとつです。毎日かぶりたいからカジュアルな装いでも似合う、シンプルなデザインのハットが欲しいなと感じていました。

そして屋内で脱いだ時には煩わしくないよう、小さくカバンに入れられたり、汗が気になったらお手入れできたら嬉しいなぁ。

そこで、私たちの理想をぎゅっと詰め込んだ、オリジナルの帽子をつくりました!

今回は、岡山県の帽子工場さんでの生産風景も交えながらご紹介しますね。

 


デザインと機能
両方を叶えるいいカタチ


装いを問わないデザイン

顔の雰囲気や髪の長さを問わないようにしたくて、シンプルな形をベースに、ハットの高さやツバの広さのいい塩梅を探りました。

特にツバは、日よけをきちんとしつつ、大仰にならない広さに。社内のスタッフにも意見を聞きながら微調整しましたよ。

トップとツバの部分には、ぐるりと芯を入れました。手でクセをつければ中折れになってマニッシュな雰囲気にも。その日の気分にあわせた被り方ができます。

 

持ち運びも、お手入れもしやすい機能

ハットはくるっと丸められます。出先で室内に入ったとき、煩わしくないサイズ感に。便利な巾着もつくりました。

本体は洗えませんが、お化粧の汚れが気になるおでこ部分は、お手入れできるようマジックテープ式で取り外すことができます。

サイズを調整するテープもつけ、機能性も充実した仕様にこだわっています。

 

岡山県の帽子工場を訪ねました

▲写真は倉敷の美観地区。帰りに立ち寄りました

当店オリジナルのハットは、岡山県の帽子工場で丁寧につくられています。今回はその様子も少しご紹介しますね。

ようやく春めいてきたと感じた4月の中旬頃、ハットの生産風景を見に岡山県を訪れました。

岡山駅からさらに電車で約30分、そこからさらに車で約20分ほど行った、浅口市という場所に工場がありますよ。

この地域は、かつて帽子産業で栄えていたそう。今では工場の数は減少していますが、熟練の職人さんの技術や製造方法が受け継がれています。

ちょうど生産が慌ただしい時期にお邪魔したのですが、工場長さんはじめ、スタッフのみなさんが快く現場の様子を見せてくださいました。

 

一つ一つ丁寧に縫製しています

▲様々な帽子の型。それぞれ微妙にサイズや形が違います

ハットの生産は、大きく分けて型起こし、裁断、縫製、仕上げの4工程に分かれます。今回は裁断から仕上げまでの工程を見せていただきました。

まずは裁断。当店オリジナルの型に沿って、生地を裁断していきますよ。

わかりやすいよう手作業で裁断の様子を見せてもらいました。実際は機械で裁断しています。

次に、縫製です。

裁断したパーツを一つ一つ、ミシンで縫い合わせます。オリジナルのハットは複数のパーツを縫い合わせて立体的にしていますよ。

▲しっかりした生地なので縫うのが難しい。「慎重に縫ってます」と話すスタッフさん

工場には色々な種類のミシンがあり、このパーツはこのミシン、これはあっちのミシン…と工程ごとに使用するミシンが違います。それぞれパーツによって、縫いやすさや強度、精度を高める為のミシンを使用しているそうです。

▲ボタンをつけるところ。「力を入れすぎないのがコツなんです」と工場長

今回当店のハットは芯を入れていたり、マジックテープやスナップボタンなど複雑な仕様になっています。それらを丁寧に慎重に、仕上げていますよ。

 

使い手にもきっと伝わる温かみ

最後は型入れです。

ヒーターで高温に温めた型に嵌めて、形を整え完成です!

▲さまざまな種類の成形用の型がありました

集中力が必要な現場ながらも、スタッフさん同士が和やかにやりとりする雰囲気がとても素敵で、「最後の仕上げはこれでどうかしら?」と私にも声をかけてくださったりと、良い気が流れる工場さんだなぁと感じました。

そんな現場でつくられたハットなら、手に取る人の気持ちもきっと朗らかにしてくれる気がして、見学しながら嬉しくなりました。

 

スタッフの着用感もご紹介しています

着用レビューでは、髪型別にショート、セミロング、ロングのスタッフが、それぞれ着用感をご紹介していますよ。

この夏のおしゃれに、とってもおすすめなハットです。商品ページもぜひご覧くださいね!

 

▼商品ページはこちらから▼

model :菖蒲理乃(株式会社ブース・ホリプロ モデル エージェンシー)  
photo:平本 泰淳(工場見学の写真を除く) 
hair&make:小林亜珠(LIM) 

※このコンテンツの著作権は株式会社クラシコムが保有し、モデルの肖像権については所属事務所(株式会社ブース・ホリプロ モデル エージェンシー)が保有しております。無断でのコピー、転載、転用は固くお断りいたします。  


本日の編集部recommends!

Today’s selection
気持ちをかろやかにしてくれるもの

本日の再入荷
この夏大活躍しそうなオリジナルかごバックが再入荷です!撥水スエードのトートバックとポシェットも揃っています♪

期間限定キャンペーン
当店オリジナルLINEスタンプをプレゼント!LINEアカウントを引っ越します。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像