【スタッフレビュー】アイカラーの2色セットを、スタッフが使ってみました

編集スタッフ 松田

このたび、アイカラーの2色セットが発売となりました。

アイカラーセット販売
特別コンテンツはこちら

この特集では、スタッフ4名がそれぞれのセットをためした様子をお届けします。

ヘアメイクアーティストの松川 達弥(まつかわ たつや)さんに、スタッフそれぞれの悩みや目元の特徴に合わせて、自分で簡単にできるおすすめアレンジも教えていただきました。

 


「数年ぶりに会う誰かとの楽しみな日に」

(アウェイクオレンジ × ミルクティーベージュ)



ピンクやブラウンはよく使うけれど……。
いつもと少し雰囲気を変えたい。
そんなときのオレンジメイク
(バイヤー竹内)



▶︎Staff Data
・ふだんはピンクやブラウンのアイシャドウを好んで使う
・目元は左右で幅の違う二重

 竹内:
「久しぶりの友人に会ったり、スタッフと食事会をしたりする機会が少しずつ増えてきたこの頃。せっかくの機会だから少しオシャレをして、メイクも少しだけ変化がほしいなと思っています。でも決して派手な印象にはしたくなくて……。そんなときにぴったりのメイクを知りたいです」

ヘアメイク 松川さん:
「ピンクやブラウン系のアイカラーが定番の方にぜひ試していただきたいのが、オレンジを基調にしたメイク。カジュアルな装いにはもちろん、食事会やお出かけ時などオシャレをしたいときにも、華やかだけど力が入りすぎていない新鮮な印象にしてくれると思います。

オレンジはちょっと派手かな……と思われる場合は、ベージュと組み合わせてみてください。よりナチュラルで肌馴染みのよい色合いになるので、安心して楽しめます。

さらに頬やリップも同じ色合いで柔らかく統一すると、コントラストが和らいでやさしい印象になります」

 

How to makeup

1.アウェイクオレンジとミルクティーベージュを混ぜ、
指を使って二重幅よりやや広めに塗る

(point)
2色のアイカラーを混ぜるときも、まぶたにのせるときも、ブラシは使わず指でOK。オレンジの発色はお好みで調整できます。もう少しオレンジ感がほしい場合は、上から重ねても◎

※もし左右の二重幅が違っていて左右対称にみせたいときは、二重幅が広い右目にはアイシャドウをすこし狭めに(アイラインはやや太く)、二重が狭い左目はアイシャドウを広めに(アイラインはやや細く)のせる。

 

2.頬にオレンジのチークを、ほんのり入れる

(point)
チークもオレンジ系を使えば、さらに統一感が出て、全体的にやさしい印象に。アウェイクオレンジのアイカラーは、チークとしても使えます。発色がいいので、アウェイクオレンジをチークとして使う場合は、チークブラシでフワッとのせるのがオススメ

▲リップは明るい透明感のあるオレンジにしました

竹内:
「アウェイクオレンジのアイカラーはこれまでも使うことはあったのですが、目尻にほんの少しポイントで入れるぐらいでした。発色がいいので、服装とのバランスを考えると、まぶた全体にのせることはなかったんです。

でも、オレンジとミルクティーベージュと混ぜながら使うと、テラコッタのような可愛い色合いになって新鮮でした。まぶた全体にのせても派手になりすぎず、気負わずに使えそう!

あと、チークやリップもオレンジにすることで、自然に顔まわりも明るくなる気がしました。よく着る白いブラウスや、アイボリーのニットなどの洋服にも似合うのも、嬉しいです」

 


暖色系のアイカラーは、
少し腫れぼったくみえる?
そんな奥二重さんにおすすめのメイク
(店長佐藤)



▶︎Staff Data
・ふだんはクリアな透明感のあるアイシャドウか、寒色系のアイカラーが好き
・奥二重

 佐藤:
「数年ぶりに誰かと会うというシチュエーションでは、楽しくおしゃべりが弾むように、明るくて健康的な表情の自分でいたいなと思います。

でも奥二重ということもあって、暖色のアイシャドウで自分でメイクすると、どうしても腫れぼったくみえてしまう気がして、実は使いこなせていませんでした。奥二重でも気負わずできるメイクのコツを知りたいです」

ヘアメイク 松川さん:
「奥二重の方は、上まぶたよりも、下まぶたにポイントを置くと、暖色系のアイメイクでも腫れぼったい印象を避けることができると思います。締め色にベージュを使うと赤みがやわらいで、より自然な発色に。

さらにマスカラに同系色を使うと統一感を出て、オレンジが悪目立ちしないはず」

 

How to makeup

1.オレンジとベージュを混ぜ、
指を使って二重幅よりやや広めに塗る

2.綿棒にオレンジを取って、
黒目の下を中心に左右に伸ばす

(point)
下まぶたに、黒目の下を中心に綿棒でオレンジをラインのようにのせます。際をベージュで締めると赤みもやわらぐので、さらに自然な印象に。また、上まぶたにのせるアイカラーは、あまり幅広にならないように意識すると腫れぼったくなりません。

▲リップはウィッシュオレンジで。チークはあえてのせずにメリハリを出すと、シックな装いにも映えます

佐藤:
「下まぶたにオレンジをのせるって、新鮮! 自然に血色のよい肌色にみえて、それでいてほどよく華やかな印象にみえるのが、お出かけ時の装いにぴったりだなと思いました。

あまり使いこなせていなかった暖色系のメイクも、もっと楽しめそうです」

 


「いつもの定番服を新鮮に着たい日に」

(フィーリングブラウン × ミモザ)



ボーダーやシンプルなトップスに似合う、
気負わず楽しめるメイク
(プランナー中居)



▶︎Staff Data
・目元ははっきりとした二重
・ナチュラルメイクでも、少し派手に見えがちなのが悩み

中居:
「メイクは毎日するものだから、ワクワク感は大事にしたいなと思っています。アイシャドウは、ピンクやブラウンをよく使っていますが、ちょっとマンネリを感じていて……。

派手になりすぎず、ちゃんと普段着に馴染んで、それでいてちょっと気分を上げてくれる新鮮なメイクが知りたいです」

ヘアメイク 松川さん:
「定番のブラウンをベースに、アクセントとしてイエローを足してみる、というのはいかがでしょうか。

奥行きのあるフィーリングブラウンを二重幅にのせ、目頭にほんの少しミモザをのせます。カジュアルなカットソーにもよく似合う、遊び心がありつつも決して奇抜ではない、上品な目元になります。

またミモザは春や夏っぽいイメージがあるかもしれませんが、ブラウンと合わせることで秋冬の装いにも違和感なく使えて、それでいて新鮮でオシャレな雰囲気を出してくれますよ」

How to makeup

1.フィーリングブラウンを
指を使って二重幅に塗る

2.小指でミモザを目頭に置いて
「くの字」に ぼかす

 

(point)
上瞼はブラウンをベースに。目頭にイエローをのせるときは、黒目の手前ぐらいまでを意識してみて

▲リップはカジュアルさのあるオレンジで。

中居:
「上まぶたは、慣れているブラウンがベースなので安心感がありました。上品なブラウンなので、きちんと感もあるのがいいなと。また、ミモザの発色も強すぎないのが嬉しいです。新鮮だけど、気取りすぎない雰囲気のメイクで、気負わず試せそうだと思いました。

いつもと同じ洋服でも、なにかちょっと気分を変えたい時や、ワクワク感がほしいという時にしたいメイクです」

 


目元のくすみが気になる?
イエローをプラスすると、明るい印象に
(スタッフ木下)



▶︎Staff Data
・切長の奥二重
・目元や肌のくすみが気になるように

木下:
「この頃、アイシャドウにブラウンを使うと、目元のくすみがより暗くみえてしまうのではと感じていました。とはいえ、ある程度落ち着いた雰囲気にもみせたい気持ちもあって。今の気分にあったメイクを模索中です」

ヘアメイク 松川さん:
「肌や目元のくすみが少し気になるようになってきたという世代の方にこそ、ぜひ試していただきたいのがこのミモザ。“黄ぐすみ” を助長してしまうのでは?と思われるかもしれませんが、実はイエローこそ、くすみを飛ばして目元を明るくみせてくれる色なんです。

ブラウンに混ぜたり、ポイントとして使うことで、いつものブラウンメイクが “今っぽく”、洗練された印象になります」

 

How to makeup

1.ブラウンとミモザを混ぜ、
指を使って二重幅と
下瞼の目頭側2/3にのせて、囲み目にする

2.下目尻に綿棒で
ミモザをのせる

 

(point)
最後に目尻にミモザを足すのがポイント。光を集めて、目元を明るい印象にしてくれます。一重や奥二重の方でも試しやすいメイクです

▲リップは赤みが薄いピンクベージュで。

木下:
「目元がすっきりとした印象になり、目がいきいきとしたことが嬉しくて…。ミモザを上下に乗せたからなのでしょうね。

目のきわはフィーリングブラウンでこっくりとさせているので、ミモザだけが浮くことなく、違和感なく馴染んでくれるなと思いました。イエローは冒険色だと感じていましたが、ブラウンと合わせることで、むしろ私世代には味方になってくれる色だと思いました。

このごろ、目元もぼんやりとしがちで気になっていたのですが、黒のアイラインなどで変に強調することなく、自然にはっきりすっきり見せられる方法が分かって、希望が持てました」

アイカラーセット販売
特別コンテンツはこちら

photo:濱津和貴
hair&make:松川達弥

profile_futura_lineblack

松川 達弥(まつかわ たつや)

1986年生まれ、兵庫県出身。サラリーマンから転身し、2016年よりフリーランスとして活動開始。広告からファッション・ビューティーまで幅広く活躍。モデルの良さを活かしたミニマルなヘアメイクに定評がある。インスタグラムは(@nm.ta28
http://tatsuya-matsukawa.com/

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

限定ウニッコネイビーが登場!定番アイテムも同時入荷しました
今回のカラーは、シックで大人っぽい雰囲気のネイビー。定番アイテムたちも仲間入りし、新商品が盛りだくさんです!

新作のファッションアイテムが続々!
これからの季節はもちろん、1年中頼れるブラウスやスカートなど新入荷アイテムが人気です。

気分も食卓も華やぐ、北欧の器
一枚だけでも特別な景色に。新生活に向けて、憧れの器を迎えてみませんか?

【動画】週末ルーティン
お気に入りのものに囲まれた好きな景色をつくっておく。店長佐藤、週末のお楽しみ

BEAUTYカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像