【春夏の服、はじめます】人気企画も5年目! 今年の「春いちボトムス」できました。大人の上品ソックスも新登場

商品プランナー 緑川

こんにちは。商品プランナーの緑川です。

さっそくですが本日は、みなさまに嬉しいお知らせがあります。

ついに、今年も「春いちボトムス」の季節がやってきました〜!

春いちボトムスとは、新しい季節のはじまりに “これさえあれば、という安心感” と “お買い物のワクワク” をお届けできたら。そんな店長佐藤の想いから立ち上がった企画です。

5年目の発売となる今回は、大人っぽいシルエットにとことんこだわった「テーパードパンツ」。昨年好評だった「ストレートパンツ」も同時発売です。

そして、人気のオリジナル靴下に新作「lady(レディ)」が仲間入りしました。

わたしたちも発売できるのをずっと楽しみにしていたこのシリーズ。それぞれの魅力をたっぷりご紹介させてください!

 


「はじめに選んで、いちばん頼れる。」
春いちボトムス2023


ひとつめにご紹介するのは、春いちボトムス2023。

これがあれば今シーズンは大丈夫!と思えるボトムスをテーマにして、生地やデザインに変化を加えながら、毎年つくってきたこのシリーズも今年で5年目になります。

1作目の開発当時からずっと変わらずに大切にしてきた3本柱があるんです。

・自分に似合う
・迷わずコーディネートできる
・いまの気分が楽しめる

今年もそのひとつひとつに向き合って、私たちが本当に欲しいとおもえて、お客様の気持ちにもよりそった1着になるようにと想いをこめてつくりました。

 

「自分に似合う」と感じてもらうために

ボトムス選びで一番難しいのが、自分に合ったサイズやシルエットを探すこと。

できるだけ多くのお客様にフィットするパンツになるように、今年の春いちボトムスも社内でパターンを開発し、ミリ単位で調整を重ねました。

特にこだわったのが、ゆとりはありつつもすっきりと見せてくれる「腰回りとヒップライン」。

裾までゆるやかなテーパードにすることで、よりスタイルをきれいに見せてくれるシルエットになっています。

気になる部分をしっかりとカバーしてくれる安心感があって、このパンツならトップスをインしたコーデにもチャレンジしてみたいと思える仕上がりになりました。

▲前はすっきりと見えるツータック

▲後ろははき心地らくちんなウエストゴム

そして、サイズは昨年に引き続き「S・M・L・T」の4つのサイズをつくりました。

実は今回、社内のスタッフ約20名にサンプルを試着&感想をもらいながら修正を進めていったんです。年齢や体型が違ってもそれぞれに似合うサイズが見つかるように、ウエストやヒップ、太ももなどひとつひとつのバランスに細かくこだわりました。

7名のスタッフによる着用レビューもぜひご覧くださいね。

 

「迷わずコーディネートできる」

試着をせずにボトムスを買うのはちょっぴり勇気がいること。そのため、手持ちのトップスと合わせるイメージがつきやすいデザインとカラーを考えました。

今年は、シーズンボトムスで長くやってきた「テーパードデザイン」に原点回帰。

Tシャツなどコンパクトなシルエットのものから、チュニック丈やAラインのブラウスなどトップスの形を選ばない万能さがあります。

カラーは大人の定番カラーの「ネイビー」と、春らしく爽やかな「ナチュラル」の2色です。

どちらも合わせやすく肌馴染みのいい色合いなのですが、個人的にイチオシなのはナチュラル。やや黄みのある淡いトーンのベージュです。

いわゆるチノパンのような濃いベージュとは違って、カジュアルすぎずほんのりフェミニンさがあるから、さっぱりしたTシャツコーデも柔らかい雰囲気にまとまります。モノトーンから柄物まで受け止めてくれるカラーですよ。

 

「いまの気分を楽しめる」

このシリーズは、毎シーズン「今はきたい」と思えるボトムスを目指してつくっています。今年は、丈感と生地に今の気分を反映させました。

「フルレングス」にすることで、パンプスと合わせても肌が出過ぎず、落ち着いた雰囲気に。自転車に乗るときや座ったときでも足元がそわそわしない丈感です。

ロールアップで印象が変えられるので、普段着からお仕事にも使えて、幅広い着こなしが叶います。

生地は、春いちボトムスで初めての「綿麻素材」。

リネンが入っていることで、ほんのり光沢感もあって上質な見た目になっています。天然素材ならではの優しい風合いや、生地に凹凸のある自然な表情感も魅力的です。

半年ほど愛用中なのですが、着用や洗濯を重ねることで生地が少しずつ柔らかくなってくたっと馴染んできました。

 

特別インタビュー
「小島聖さんの “ 春いちコーデ ” と、センスの秘訣」

昨年に続き春いちボトムスを素敵に着こなしてくださったのは俳優の小島聖(こじま ひじり)さん。

今回は小島さんに「春いちボトムス」を私服でコーディネートしていただきました。

ここ数年のおしゃれの変化や、永く手元にある愛用品についてのエピソードも伺いました。ぜひこちらの特集もご覧ください。

特別インタビューはこちら

 


大人気だった昨年の春いちボトムスも再登場
スッキリ見えが叶うコットン素材のストレートパンツ


次にご紹介するのは、昨年発売し、私たちの予想を大きく上回る好評ぶりだった「スッキリ見えが叶うコットン素材のストレートパンツ」です。

それまでテーパードシルエットだけを作り続けてきた春いちボトムスで、初めて「ストレート」にチャレンジしたシーズンでした。

ストレートパンツを選ぶ際に気になっていたのが、「腰回りの張り」と、「お尻が四角く見える」こと。

それを和らげるために、ハイウエストにして、ポケットのラインもやや上に。太ももやお尻周りはゆったりとした丸みを持たせつつ、すっきり見える理想的なラインに仕上げました。

カラーは温かみのある「エクリュ」。寒色・暖色どちらのトップスにも合うようにと、オリジナルで染め上げた一色です。

今年の春いちボトムスのナチュラルよりもよりほんのり赤みがあって、柔らかい印象がありますよ。

 


春の靴下に久々の新作登場!
足もとを「レディ」に見せる上品ソックス


春いちボトムス・秋いちボトムスと同日発売し、累計で8万足(!)販売している「足元15cmの景色をつくる靴下」シリーズ。

今回は久々に春の新作「lady(レディ)」が登場です。

コーディネートに不可欠な靴下だからこそ、履くだけで品よく、そしてすこしだけ色や質感で旬を取り入れられたらという気持ちで企画しました。

丈は、いつもの靴下シリーズより2〜3cmほど短めに。そうすることで、春夏に活躍するスカートやワンピースに抜け感ができてグッと合わせやすくなるだけでなく、足首をキュッと細く見せる効果もあるんです。

ずれにくいよう履き口のリブを長めにすることで、短めの靴下を履き慣れないと言っていたスタッフも「これならフィット感があって安心して履ける!」と話していますよ。

▲コンバースのハイカットからすこし覗く、この見え方が可愛いんです!

あたらしい季節の足音が聞こえてくる今、「これさえあれば、今年も自分らしい春の装いを楽しめそう」そんな安心感とワクワクをお届けできることを願って。

ぜひ春いちボトムスと靴下のページを覗いてみてくださいね。

 

\春いちボトムス2023はこちらから/

\スッキリ見えが叶うコットン素材のストレートパンツはこちらから/

\オリジナル靴下「lady」はこちらから/

 

▼春いちボトムス2023
photo:芹澤信次
stylist:樽山リナ
hair&make:成田祥子
model:小島聖(N・F・B)

▼スッキリ見えが叶うコットン素材のストレートパンツ
photo:芹澤信次
stylist:植村美智子
hair&make:成田祥子
model:小島聖(N・F・B)

 ▼足元15cmの景色をつくる靴下 / shower
photo:芹澤信次
stylist:植村美智子
hair&make:宇津木明子
model:伊里(AMAZONE)

※このコンテンツの著作権は株式会社クラシコムが保有し、モデルの肖像権については所属事務所が保有しております。無断でのコピー、転載、転用は固くお断りいたします。


感想を送る

本日の編集部recommends!

あの人の朝時間
働きながら小中学生の子どもを育てる。忙しい中で「やること・やらないこと」はどう選択する?[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

Buyer's selection|春のメイクにおすすめのアイテム
アイシャドウやカラーマスカラなど、おすすめアイテムを集めました。

【動画】わたしの朝習慣
目覚ましはかけずに陽の光と共に起きる。朝は1日の中で一番好きな時間。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像