アネモネと本のこと。

店長 佐藤 店長 佐藤


今日は特別寒かった。
でも気持ちのいい耳がキーンと冷たくなる寒さ。

季節の変わり目の曖昧な気候より、しっかり寒くなった今のほうが体調がいい。

国立駅を降りると、都心部より更に寒く、そして空気が美味しく感じられるので、気分がよくなり、いつもの全然おしゃれじゃない花屋さんへ。

中国の花市場みたいなところ。

今日は大好きなアネモネやチューリップが出ていた。
どうしようかな〜と一人佇み、うんうん悩んだが、アネモネを持ち帰ることに。

アネモネって、な〜んであんなに可愛いんだろ。
もう「こっち見て」って顔してらっしゃるもんな。

ちゃんと水切りして活けてあげたら、ウチのリビングの古箪笥の上でも「こっち見て」って感じで語りかけてきます。

「長く咲いておくれよ〜」と花びらを撫で撫でする怪しい女。私です。

花や緑も話しかけてあげると生き生きしてると、私の母親が昔から言っていたので。
それをしっかり信じて、いまだに実行している次第。

■本のこと

ここのところ、いい本との出会いに恵まれている。
図書館で何の気なしに手にとって借りて帰った本だったが、どれも今回ばかりは大当たり。


こちら「ぬりものとゴハン」。
想像以上にいい本だった。

電車の中で夢中になって読んでしまった。

今この時期に読んだからこそ、すごく心にスーッと染み込んで来る文章だった。

少し先や、ずっと先のことを考えて不安になったりすることもあるけれど、この赤木智子さんのエッセイを読んでいたら、「どうにかなるさ!」と心底思えてきたりする。

不安になって慎重になったり計画をばっちり立てることも大事だが、それ以上に大事にしたいのは、やっぱり自分の感覚を研ぎ澄ますこと。
そして、自分の感覚に嘘をつかないことだと改めて思った。


田口ランディさんの本も好きだけど、今まで読んだなかで一番好きだったかも。
この小説。「ひかりのメリーゴーラウンド」。

生と死という一見重いテーマがすごく美しく描かれていた。
生まれてくることと死んでゆくことについて、ふと考えることが、最近になってちょっと増えた。
歳のせいなのか。周りで新しい命が誕生したり、大好きだった人が亡くなったという話を知ったりしたからなのか。

この小説を読んでつくづく思ったことは、生きている間は、できる限りキレイな生き方をしたいなあということ。
キレイというのは美しいとか、すましてるとか、カッコいいとかそういうことではなくって、もっともっと根源的なところで。

なんというか、できるだけ澱まないようにしたいというか。

時にはそりゃあ澱んじゃうこともあるだろうが、できる限りそういう心持ちでやっていきたいなと強く思いました。

どちらの本も2冊とも、なんか同じような結論に自分のなかでは行き着いた模様。


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
チェアパットや一膳おひつ、YESのショルダーバッグなど人気アイテムが続々入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
子育てをしながら自分の時間も。整理収納アドバイザー・七尾亜紀子さんの効率的な朝時間。

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像