クラシコムアカデミー賞 〜小森編〜

スタッフ小森

〜クラシコムスタッフ・小森の選ぶ
 2009年2月現在のお気に入り映画〜

作品編——————————
-いつまでも、心に残るあの映画…

●洋画部門 最優秀作品
ケス(1969年)/ケン・ローチ監督
「子ども時代に初めてこの映画を見たときから私の映画グランプリ不動の1位、私の中でイギリス映画を代表する作品です。でも残念なことに未だDVD化されてません。たまに図書館にVHSが置いてあったりするのでもし見つけたらぜひ見てほしい映画です。ちなみにグランプリ1位はこれですが、次点で迷ったのはトリュフォーの思春期(1976年)とイン・アメリカ(2003年)でした。」

●邦画部門 最優秀作品
家族ゲーム(1983年)/森田芳光監督
「ありふれた日常風景の中にシニカルさと奇妙さがいっぱいつまっていて、しかも俳優陣の演じるキャラクターが絶妙で大のお気に入りです。邦画はあまり見る機会がないのですが、これは始めから終わりまで目が離せずこんなおもしろいのもあるんだな〜と絶賛した作品。」
—————————————-

俳優編——————————
-忘れられない、あの演技…

●最優秀女優賞
ミーシャ・バートン/キャメロット・ガーデンの少女(1997年)
「ミーシャ・バートンと言えば最近はゲキ痩せぶりがニュースになっちゃったりしてるイマドキなヤングセレブ?ですが、この映画の彼女の子役時代の演技は本当に忘れられません。子ども期独特の孤独、冒険心、大人とのかかわり方などとても印象に残る演技だと思いました。特に夜中に屋根の上に座ってネグリジェを風に飛ばすシーンが忘れられません。服装もいつもかわいくて、ミニのワンピースに水色のハイカットコンバースをあわせてはいてるとこなんて大好きです。」

●最優秀男優賞
ガエル・ガルシア・ベルナル/恋愛睡眠のすすめ(2006年)
「ビョークやホワイト・ストライプスのPVで有名なミシェル・ゴンドリーが監督した作品。ガエル・ガルシア・ベルナル演じるステファン、ほんと大好きです。大きくなっても子ども部屋に住んでごきげんな空想ばっかして遊んでるとこなど、けっこう自分に似てるとこがあって私が男の子に生まれたらこんな感じになっちゃいそうだな、と思いました。」
—————————————-

各部門別編————————
-まだまだあるお気に入り映画…

●SF・ファンタジー部門
2001年宇宙の旅(1968年)/スタンリー・キューブリック監督
「人工知能HALや謎の物体モノリスの姿形や演出方法、宇宙船内の魅力的な空間デザイン、”ツァラトゥストラはかく語りき”や”花のワルツ”などクラシック曲の効果的な使い方、ともかくアイディアに感嘆、映像化の完成度の高さに圧倒されます。何度でも見たくなる映画。」

●アニメーション部門
時の支配者( 1980年)/ルネ・ラルー監督
「アニメーションはほんとにだっいすきなので、1つにしぼるのが一番難しい部門でした。ルネ・ラルーは”ファンタスティック・プラネット”という作品が有名ですが、私はこちらの方がお気に入りです。」

●恋愛映画部門
パリ、ジュテーム(2006年)/シルヴァン・ショメ監督、諏訪敦彦監督、他多数
「恋愛というか、愛について、18人の監督によるそれぞれ約5分の短編で構成されたオムニバス映画。ひとつひとつがたったの5分しかない作品なのに、たっぷりとした愛があふれそうなぐらいつまっていて大好きです。」

●北欧映画部門
ペレ(1989年)/ビレ・アウグスト監督
やかまし村の子どもたち(1986年)/ラッセ・ハルストレム監督
「どちらにするか迷ったので2つ。どっちもものすごく好きなタイプの映画です。」

●衣装メイキャップ部門
スター・ウォーズ(1977〜2005年)/ジョージ・ルーカス監督
「スター・ウォーズは全体的にすっごく好きなSF作品ですけど、特に衣装と髪型やメイクが大大大好きです。SFによくある近未来的なサイバーファッションでなく、オリエンタルでオーガニックでフォークロアでほんとかっこいい。あんな格好で宇宙を飛び回るなんてすごく憧れます。」

●インテリアスタイリング部門
恋愛睡眠のすすめ(2006年)/ミシェル・ゴンドリー監督
「ステファンの部屋もステファニーの部屋も大好きです。手作りの発明品や、子どもの頃から大切にしてるものや、なんかゴミみたいなものも面白いなにか作るのに使えるかも〜なんてとってあってごちゃごちゃしていて。彼らの部屋に行ったらなにして遊ぼうかな〜とか想像しちゃいます。」

●音楽部門
イン・アメリカ(2003年)/ジム・シェリダン監督
スター・ウォーズ(1977〜2005年)/ジョージ・ルーカス監督
「”イン・アメリカ”はか〜なりお気に入りの映画ですが今回は音楽部門賞に入れました。サウンドトラックは作業中などによく聞いてます。ストーリーはアイルランドからニューヨークに引っ越してきた小さな二人姉妹を含む一家のお話です。”スター・ウォーズ”の音楽を担当するジョン・ウィリアムズはハリウッドを代表する映画音楽家で、好きな曲がたっくさんありますが、やはり”スター・ウォーズ”のサウンドトラックが思い入れ深いです。というのも、中学高校時代にオーケストラで”スター・ウォーズ”のメイン・テーマとエンド・タイトルを演奏してものすごく感動したからだと思います。」
—————————————-


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
毎年人気のアンキャシェットのボーダー日傘が今年も再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像