当店のオリジナルラッピングができるまで。

店長 佐藤 店長 佐藤

ラッピングに関する詳しいご案内はコチラ↓↓↓
「当店のラッピングについて」

こんにちは。店長の佐藤です。
いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

さてさて、大変お待たせをいたしました!
いよいよ本日(2009年10月27日)より、ラッピングサービスを
開始させていただきます。

当店としては新しいサービスの開始に、ドキドキ。。。
手先が器用なスタッフからそうでない不器用な者(私&アニ)、、、まで
当店をご利用くださるお客様の大切な方への気持ちをしっかりと
お預かりできるよう、心を込めて丁寧に包ませていただきたいと
思っております。

それにしても・・・

開始予定より大幅に遅れてしまいお客様には随分お待たせを
してしまったのですが、開発チームの道のりも、いやはや、、、
長かったです。

頑張ってくれたスタッフにも「お疲れ様!」と言ってあげたい。

「うちでもラッピングをやろう」と決めて、
このプロジェクトがキックオフしたのが8月上旬のことでした。

このプロジェクトの主な担当者は、クラシコム美術部!?
スタッフ小森と、国立店のヨシベさんとなりました。

もちろん、他のメンバーもミーティングには参戦し、
みんなでサンプルなどを持ち寄っては「あ〜でもない、こうでもない」と大議論。

当初は既成の包装紙やシールなどを使って、なんとかうちらしく
できないか?とヨシベさんが沢山のサンプルを作ってくれました。

できあがってきたサンプルをもとに、みんなでミーティング。

「う〜ん、なんか違うんだよな」
「こうじゃなくって、もっと面白くしたいんだ!」
「もっと高級感を出すにはどうしたらいいんだろ??」

厳しい意見もバンバン飛び交いました。
そういうところは結構上下関係なくフラットに言い合える
ところがあるので、それぞれからいろんな意見が出てきました。

サンプル作りを担当したヨシベさんも、
みんなから出てきた意見をしかと受け止めて、サンプル再生産。
お店番をしながら本当に頑張ってくれました。

その頃、国立店に来られたお客様はもしかしたらヨシベさんが
サンプル作りに机で格闘しているのをご覧になったかも(笑)
机の上、ぐちゃぐちゃじゃありませんでした??

何度かそういう遣り取りをした後、

どうにもこうにも既成の製品では、私たちが出したい思っている
ラッピングは作れないという諦めが出てきました。

そこで至った結論。

よし!ぜんぶ、オリジナルで作っちゃおう。

でした。

さて、外注などをせず、社内で、全てを作り上げることができるのでしょうか?
私自身にもそうは決まったものの、大きな不安がありました。

私自身はそういったデザインなどの経験もありませんし、
きちんとこのプロジェクトを管理できるだろうか?頭はグルグルでした。

まず私のほうからある一冊の本を見せて、
こういう感じのイラストを描いて欲しいという大まかな雰囲気だけをヨシベさんに
伝えました。

その、超アバウトな私の示した方向性をばっちり汲み取り、さらに
ヨシベさんのフィルターに通して出てきたのが一枚のイラストでした。

それは美味しそうなシナモンロールの絵。

「これ、いいじゃん!!本店の皆にも見せてくるよ」と
その一枚のイラストを引っつかんで会社に戻った私。

そこから、

「う〜ん、すごく可愛いけど、お菓子屋さんのラッピングぽくないか」

などと更にシビアな意見も出てきました。

でも、さんざん討論したあげく、全員一致で出た答えは
やっぱり「シナモンロール」でいこう!ということでした。

おいしそうって「幸せ」ってことじゃないかと。
幸せな気持ちになっていただきたいし、シナモンロールという
モチーフそのものが北欧をイメージしやすいのではないかと。

そしてヨシベさんにイラストを清書してもらいました。

それを小森がデータ化して、更にデザイン修正を行ってくれました。

そうして出来上がったのが、こんなデザイン↓↓↓

そこから更に小森が大活躍。
様々な業者をリサーチし、各社に見積もりを依頼。

出てきた費用を、またみんなで検討。

で、とある会社に正式依頼をかけました。

待つこと数日。
サンプルの包装紙が印刷会社から送られてきました。
この時の感動、忘れられません!

早速、いろいろ試して包んでみる。。。

そうして待つこと1週間ほどで、1000枚の束でどっさり!!
オリジナル包装紙が納品されました。

さて、これを使いきるまでにどれだけかかるかな??

リボン選びにも相当苦労しました。

私たちはブルーが大好きなので、リボンは紺色を選びました。
包装紙のグレイッシュな雰囲気ともとっても合ったので。

タグも洋服についているみたいな、高級感のあるものにしたいねと
小森がシンプルでかっこいいタグをデザインしてくれました。

オリジナル包装紙、タグ、両面サテンの紺色のリボン、

ひとつひとつ大切な材料が全て揃い、みんなで練習大会。

まだまだ一つの箱を包むのに時間がかかってしまいますが、
だんだん慣れてスピードもアップしていくと思います。
クリスマスのプレゼントが増える時期までには何とか全員が
良いスピード感を持って包めるようになりたい!

私たちにとっても愛着ひとしおのオリジナルラッピンググッズを使って、
これから心を込めたサービスをお届けしたいきたいと思っています。

ぜひ沢山のお客様にこのサービスをご利用いただけるようになることを
心から願っております。

※当店のラッピングは有料(200円)がかかります。
詳しいご案内はコチラ↓↓↓
「当店のラッピングについて」


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

本日の再入荷
スウェーデンのキッチンラグやムーべのフレームなど北欧アイテムが続々入荷中です。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像