ラッピングサービス開始の裏話など

クラシコム代表 青木 クラシコム代表 青木

今日も国立はよい天気です。

気温もアレ9月?ってくらいに暖かい。
そうかと思うと、次の日にはアレ11月ってくらいに寒くなる、秋とか春とかって言う中途半端な季節は気まぐれなもの。
個人的にはさっさと冬になって欲しい。。

さて、皆様もお気づきの通り、昨日よりようやくラッピングサービスを開始することが出来ました。正直まだまだ発展の余地がアリのサービスですので、今後も継続的にサービスの幅を広げ、質も高めて行きたいと思っています。

ラッピングサービスについてはコチラ→

今回は、

STEP1:8月に講師の先生をお呼びして社内でラッピング講習会を開催

STEP2:既成のラッピング資材を使って当店用のラッピングを検討&試作→断念

STEP3:オリジナルの包装紙を作ることを決め、クラシコム美術部?を担当者に指名(イラストヨシベ、デザイナー小森)

STEP4:試作&製作(ラッピング試作&製作の様子

STEP5:オリジナルラッピング資材完成

STEP6:ラッピング受注時のオペレーションフローを構築

STEP7:全員でトレーニング

STEP8:ラッピング対応のページ作成、ラッピング対象ページの編集

STEP9:サービス開始!

とラッピングサービスを開始するに当たって、以外にやることや考えるべきことが多く、取りかかりから2ヶ月くらいかかってようやくサービスをリリースすることが出来ました。

今回ラッピングサービスをつくるにあたって、一番重要視したのは

「贈り手のお客様が、早く贈る相手に見せたくなるような、絶対的に素敵なギフトラッピングをすること。」

何かを買って、誰かにプレゼントする行為ってやっぱり特別だと思うし、特別な機会を演出するラッピングは「まぁこのくらいで大丈夫だろう。。。」というレベルではラッピングサービスをウチがやる意味がないなーと。

なので、シブチン社長として社内でケチだケチだと非難轟々の僕なのですが、担当する二人や佐藤には、今出来る最高のものを妥協しないで作って欲しいとお願いしました。

そしてもう一つ重要視したのは

「自前でつくる」こと。

プロの手を借りちゃえば簡単だし、きっといいもの出来るに決まってるんだけど、ラッピングって、贈り手があれこれ考えて工夫したラッピングをしてくれてたりすると、それが多少素人っぽくても嬉しいじゃないですか。

お客様に代わってラッピングさせていただく僕らが、お客様がご自身で相手のことを思って工夫してラッピングしたような空気が出したかった。

お客様に代わって当社美術部二人がシロウトなりに、相当頑張って工夫して作った今回のラッピングは、きっとそんな雰囲気を贈られた相手に伝えてくれるものになったんじゃないかなと思っています。

是非大事な方へのプレゼントの際には、当店のラッピングサービスをご利用ください!

ギフトラッピングサービスの詳細はコチラからどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像