冬の日曜日。

店長 佐藤 店長 佐藤

とっても寒いが、空気が澄んでいる日曜日。

午前中はそれぞれのことをして家のなかにこもっていたが、お昼前になって
いつものとおり「散歩しよっか」ということに。

あったかくして、冬のお散歩。

国立の銀杏並木も黄色く染まっていて、ほんとうに綺麗。
曇り空の下の銀杏の木もなかなかよい。

はじめてストックホルムに行った時の話などをしながら、楽しく歩く。

目的地は駅前のスタバ。
スタバでチャイラテを2つと、シュガードーナッツを2つ。
窓際のはしっこの席をゲット!

1時間ほど、お互いに持参した本を広げて、ゆっくり読書。

私が読んだのは、アニに「貸して、貸して」と頼んで借りた

「自分をいかして生きる」という本。

もう何年も前にこの本の著者が書いた、「自分の仕事をつくる。」という本を読んで
そこに書いてあったことがすごく心に残ったし、少なからず影響を受けたと思うので
新刊も楽しみに読んだ。

今回の本を読んでとても印象に残ったのは「ザワザワ感」というキーワード。

「自分の仕事」は自分のなかの葛藤、ザワザワするところ、お客さんではすまない部分、
「好き」より前のもっと感覚的な部分から作られるのではないか、、、というような
ことが書かれていた。

自分がどんなものに対したとき、どんな場所に居合わせたときに心が「ザワザワ」するのか?
お客さんではいられないような、悔しいような、ザワザワした気持ちになるのか?

というような感覚的な部分に敏感であることは確かに大切かもと思った。

自分のことについても振り返って考えてみたのだけれど、
「くやしい!」「こりゃ、すごい!」「ここ最高に居心地いいな〜」
「私がやってみたいこと全部やられちゃってるな、、、」などとこれまで
ザワザワした気持ちになったのは、

どれも「店」だったなということに思い当たった。

確かに良い「お店」に行き当たったとき、とてつもなくザワザワした気持ちになった。

「好きなこと」とはまた別次元にあった感覚だったのかもしれないな〜などと
改めて思ったり。。。

これからも沢山の「ザワザワ」を敏感に感じながら、生きていきたいし、
働いていきたいなと思いました。

なかなか面白い本でした。

家につき、帰り道に「アントルメ」で買ったパンでお茶タイム。

昨日「グリーンティ」という素敵な名前のカーネイションを買ったのだけれど、
急に思いついて、いつもキッチンの棚に置いていたアラビアのジャムポットに
それを活けてみた。

駒のような形をした真っ白でかわいいジャムポットに、「グリーンティ」のお花、
すごく合いました。
食卓にお花があると、ほんとに気持ちがいい。

買って来た洋梨のデニッシュ。
デニッシュ自体が洋梨のかたちになってることをタコシ君が発見し、
思わず写真をパチリ。

見た目もよし、味もサイコーでした。


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像