北欧からはるばるやって来たカゴのこと

店長 佐藤 店長 佐藤

今日から当店の「北欧の手工芸品」というカテゴリーの中に、

ネズの木(ジュニパー)のかご

柳のかご

が、新たに仲間入りしました。

どちらも、私自身ずっと扱いたいとイメージしていたカゴたちなので、
今日から当店でご紹介できることをとても嬉しく思っています!

この「北欧の手工芸品」というカテゴリーの中も、少しずつですが
内容が充実してきています。

モミの木に、白樺、ネズの木、柳、、、そしてヘムスロイド社の天然木の道具たち、
マルックコソネンさんが作るバスケットなどと、

念願だった貴重な手工芸品が少しずつ仲間入りしていくのは本当に私たちに
とっても嬉しいこと。

今回仲間入りしたばかりホヤホヤのネズの木(ジュニパー)のカゴは、
両サイドに持ち手が付いたデザインのものと、パンかごタイプのもの、それから
ハンドルが付いた可愛いバスケットタイプのものが入荷しました。

特に、ハンドルが付いたバスケットタイプのものは、色々なインテリア雑誌で
見かけますね、
昨日も何かの雑誌を立ち読みしていたとき、このカゴが素敵なお宅の床に
そのままポーンと置いてあるのを見かけました。

これは現地スウェーデンでは「菜園かご」とも呼ばれていて、農園で収穫された
野菜や果物を入れるのに使われたりもしているそうです。
そんなストーリーも素敵。。。
想像するだけで、ほのぼの〜っとした気持ちで心が温まります。

ちょうど今日輸入元さんからお話を伺ったのですが、
白樺もそうですが、このネズの木なども一年に一度、ある一定の期間しか
素材を採取することが許されていないそうです。

そんなわけで6月頃と伺ったかしら!?そんな一年の一時期だけに森から採られた
材料を使って、一年にわたり、大切に丁寧に職人さんの手によって編まれていく
わけです。

そんな貴重な材料と、職人さんの手仕事によって作られた、ネズの木と柳のカゴ達。

在庫がなかなか潤沢に用意できないものですので、品切れしてしまうとかなりの
お時間をいただくことになりそうです(泣)
私たちもなるべく切らさないように頑張りたいとは思っているのですが、やはり
こういった性質の商品は現地の職人さん&材料の獲得にかかっているので、
長らく切れてしまった場合は、どうかご容赦ください。

私たちも貴重なこのカゴたちを、大事に大事に扱い、そして気に入ってくださった
お客様のもとへと心を込めてお届けしたいと思っています。

北欧の手工芸品はコチラ →

国立店にも間もなく並べたいと思っていますので、ぜひこの素材の持つ
柔らかさや温かさなど、手に取って確かめていただけると嬉しいです。


本日の編集部recommends!

これからの洗剤選び
一番よく着る服が、一番きれいにしたい服。 [SPONSORED]

本日の再入荷
マリメッコのミニトートが再入荷!炊飯用土鍋やすり鉢などキッチンアイテムも入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像