【スタッフコラム】6歳の女の子とすごした夜。

編集スタッフ 寿山

IMG_0766_1

それはまだ桜が咲く前、友人の結婚式に出席した夜のこと。日比谷を眺める、とあるホテルでの出来事です。

ひょんなことから、結婚式が開かれたホテルに居座り、久しぶりの外泊をしました。

「このホテルには、フランク・ロイド・ライトのデザインが残っているバーがあるよ」という新婦の一声で、仲間内で部屋をとることになったのです。

IMG_3803

その夜のルームメイトは、女友達ふたりとその娘ひとり。ふたりとは学生時代からの付き合いで、6歳になる友人の娘ともずっと親しくしています。

披露宴のあとは、久しぶりに集まった学生時代の仲間たちと連れ立って、例のバーに行こうという展開に。そんな中、私は友人の娘の子守役をかって出ました。いま思うと、バーに行きたいからホテルに残ったのに、われながら本末転倒な思いつき。

でもなぜか、名匠のデザインを見るより、美味しいカクテルを飲むより、目の前の女の子と夜を過ごしたいと思ったのです。

IMG_9952_3

部屋に残った私たちは、バスタブにお湯をはり、いつもより少しだけ広い湯船を楽しみました。お風呂上がりにその娘の髪を乾かしていると、「あのねえ」と彼女はおしゃべりをはじめます。

「歯ミガキはねぇ、力を入れすぎると、すごく痛いんだよ」

何の話かな?と思いつつ相槌をうつと、

「髪の毛を乾かしてもらったり、とかしてもらうのはうれしいんだ〜。でも結ぶとき、ぐいって髪を引っ張られるのはイヤ」

と続いたセリフから、その娘の体験談だということがわかりました。突然どうしたんだろう?と考えながら、続きを聞くと、

「あとね、自分が急いでるときだけ “早くしなさい” って言うのはダメだよ。自分がゆっくりしたいときは、 “早く” なんて、絶対言わないんだもん」

その後も滔々と語りかけてくる彼女の話に耳を傾けていると、すべては私に娘がいることを知る、6歳の女の子からのアドバイスだと気がつきました。

自宅で夫と留守番する娘から、テレパシーでも送られているのでは?と思うほど、思い当たる節がありすぎて。ただ笑って「わかったよ」とうなずくことしかできませんでした。

IMG_0403_2

翌朝わたしは食事をすませると、すぐにチェックアウトして帰路を急ぎました。引き出物や帰り際にもらったテーブルフラワーを抱えて、「テレパシーは存在するのかもしれない」と、真剣に考えながら。

いま思い起こすと、そんな自分が可笑しく思えてきました。6歳の女の子のまっすぐな想いは、少々刺激が強かったようです。

IMG_1201


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像