【スタッフコラム】着なくなった服の、その後。

編集スタッフ 奥村

衣替えでワードローブを見直すたびに悩んでいたのが、着なくなった服の行き先。みなさんは、どうしていますか?

大人になってからというもの、着なくなる理由といえば「デザインが好みじゃなくなった」「いまの私には似合わない」という、私本位のものばかり。

着古した服なら、いさぎよく処分しようと思えるのですが……まだ着られる。なのに「着られない」自分に罪悪感があるから、処分もできずにいました。

 

藍染、してみました。

先日ホームセンターで見つけたのは、自宅でできる藍染のキット。

持て余していた「着られない」ワンピース、思い切って色を変えてみようかな? 軽い思いつきから、試してみることに。

なんとなくハードルの高いイメージがありましたが、工程はとてもシンプル。

専用の染め粉と溶解剤を水に溶き、水で湿らせた衣服を、数分間浸します。

はじめは緑色に染まるのですが、開いて乾かす際に空気にふれると、きれいな青色に。

その後、よくすすいでから乾かし、色を沈着させるための液に浸けて、再び乾かせばできあがり。

干したり洗ったりを繰り返すのは、意外と体力仕事。出来上がりの達成感もひとしおでした。

 

手がかかるから、愛着がわく?

▲この後、しばらくたつと更に深い藍色に変わりました。

藍色に変わったワンピース。

出来上がってみると、たんに色が変わったからだけじゃない、愛着を感じるようになりました。

今さら?  と自分でも不思議なのですが、その理由は多分、はじめて「手をかけた」から。

ごしごし揉んで、洗って干して。いつもならスイッチひとつで洗濯機に任せきりだったことだけど、自分でやってみる手間が、服に関わる気持ちを生んだのかなと。

愛着って、着ることだけから生まれるものでもないのかも?  心地よい疲労感とともに、そんなことを考えたのでした。

次は何を染めようかな……早くもつぎの藍染計画を立てはじめています。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像