【メルマガエッセイ】かもめブックス店主・柳下恭平さんが綴るエッセイをお届けします。

お客様係 中川 お客様係 中川

「明日がちょっといい日になりますように」とお手紙を届けるように始まったメルマガエッセイの配信。

火曜日の20時に、メルマガ会員さまへお届けしています。

3月12日(火)から、かもめBOOKS店主・柳下恭平(やなした きょうへい)さんが綴るエッセイが始まりました。

 

手紙を届けるように送るエッセイ「20時の “おつかれさま” 」

…..
夜20時。この時間は、夕飯を終えてひと段落しているひと、子どもとのお風呂時間を終えて最後の一踏ん張りのひと、家路を急ぐひと、と様々な時間帯だと思います。

でも、共通しているのは「今日もおつかれさま」な時間帯であるということ。

そこで「明日がちょっといい日になりますように」という願いを込めて、20時にエッセイをお届けします。

 

書き手は「かもめブックス」店主・柳下恭平さん

▲左・柳下さん、右・クラシコム代表の青木。昨年クラシコムジャーナルで対談しました。

今回エッセイをお願いしたのは、東京・神楽坂にある書店「かもめブックス」の店主・柳下恭平さん。校正・校閲を専門とする会社、株式会社鴎来堂(おうらいどう)の代表でもあります。

当店では特集にご登場いただいたり、スタッフ向けに校閲の講座を開いていただいたりと以前から交流がありました。

柳下さんがオフィスにやってくると、いつも明るい笑顔と気持ちの良い声で「おはようございます!」と挨拶をしてくれます。

その姿をみる度に、いつもなんて気持ちの良い方なんだろうと思っていました。

▲かもめブックスの店内の様子

今回エッセイをお願いしたいと思ったきっかけは、柳下さんが編集者としてかかわる小説家・土門蘭さんの連載を拝見していたことでした。

この連載の中で、柳下さんがご自身の考えを説明する時、「言葉」を用いて説明する場面が何度かありました。時にはブッダの言葉だったり、漢詩を引用されたり。

読書家ではない私にとって、正直はじめて聞く言葉ばかり。それでも、柳下さんを通して知った言葉はすっと心に根付いて、日々の暮らしの中でふと思い出したり、力をくれることがありました。

本を読んだり言葉に触れたいと思っていても、日常の中でなかなか叶わないことも多いもの。

そこで、「20時のおつかれさま」を通して、一日の終わりにちいさな物語を読んだような気持ちをお届けできたらと、今回柳下さんにエッセイをお願いいたしました。

テーマは、「うつくしい言葉」。

日々たくさんの言葉に触れる柳下さんならではのエッセイを、ぜひ楽しみにお待ちいただければ幸いです。

※火曜17時までのメルマガご登録で、その日からお届けします。(17時以降のご登録になりますと、エッセイの配信は次回からとなります。ご了承ください)

▼メルマガ登録はこちらから

 

【写真】高木あつ子


本日の編集部recommends!

新商品
さっと付け替えできてストレスフリー!気の利く「ボックスシーツ」つくりました。

最新の再入荷
雨の日でも快適に!野鳥の会の長靴が全サイズ揃いました♪

配信中!
私たちが大好きな「あの人」のいまの生き方に迫る、ドキュメンタリー映像をお届けします!

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像