【金曜エッセイ】きゅうりという名脇役

文筆家 大平一枝


第四十一話:きゅうりの実力


 

 最近、きゅうりの実力に魅せられている。
 きっかけは京都に行くと必ず買うチャーシューだ。ガイドブックにも載らない小さな肉屋の名物で、近隣住民だけが知っている。スライスして、電子レンジで30秒ほど加熱し、添付の自家製だれをかけて食べる。やわらかさ、うまみ、脂の割合が絶妙なのだ。
 
 しかし、取り寄せには対応していない。
 そのため、久しぶりに入手した先日、私はなんとか少しでもかさ増しして長く味わおうと、山盛りのきゅうりの千切りを敷いて、その上に並べてみた。
 チャーシューでくるりときゅうりを巻いて食べるとまあ、なんというおいしさか。
 淡白でみずみずしいきゅうりに、脂身たっぷりのチャーシューの相性は抜群。とろんとした甘辛いたれが両方に絡み、チャーシュー単品で食べる何倍もおいしいではないか。
 
 このときしみじみと、きゅうりとは不思議な野菜だと思った。まるごと食べてもそれほど印象的な味ではないのに、薄く切れば切るほど、何かに添えれば添えるほど、歯ごたえや存在感が際立つ。
 みょうがや長芋など、この存在感に似た名脇役はたくさんあるが、きゅうりほど多様な食材に合う野菜はあるまい。けれども、トマトみたいに主役にはなりきれない。何かに添えられて、主役も自分も輝く。
 
 ところが、先日は途中できゅうりが足りなくなってしまった。途端にチャーシューの箸が進まない。チャーシュー単品で食べていたときはそんなふうに思ったことがないのに、きゅうりなしで食べたら味が濃すぎるというか、パンチがありすぎる。しかたなく私は、次のきゅうりを買うまで、残りのチャーシューを大事にラップで包み、冷蔵庫にしまっておくことにした。

 やみつきのチャーシューを残すなんて、いまだかつてないできごとだなあと思いながら、私は別のことを考えていた。
 友達でも、仕事場でも、きゅうりみたいな存在感の人はいる。あるいは小説や映画、演劇にもそんな登場人物がいる。他人を引き立て、裏方的な役割をつとめながら、いなくなったとたん、明らかに全体に影響し、全体の生彩も欠けてしまうような。

 若い頃はなんでも中心になりたがったが、年齢を重ねるときゅうりみたいな人の存在感が気になり、惹かれ始める。誰とでもそつなく付き合えて、でしゃばらず、さりとていないと、みんなが寂しがる。宮沢賢治風に言うと、サウイフモノニ、ワタシハナリタイ。

 きゅうりの実力にしみじみ感じ入る、初夏のひとりごとである。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。『天然生活』『dancyu』『幻冬舎PLUS』等に執筆。近著に『届かなかった手紙』(角川書店)、『男と女の台所』(平凡社)など。朝日新聞デジタル&Wで『東京の台所』連載中。一男(23歳)一女(19歳)の母。

 
▼本連載の過去記事はこちら

 
連載のご感想や、みなさんの「忘れもの」について、どうぞお便りをお寄せください。

 


本日の編集部recommends!

【お知らせ】
『青葉家のテーブル』をAmazonプライム・ビデオでお楽しみいただけるようになりました!

Buyer's selection
お気に入りを増やす秋。当店イチオシの雑貨をご紹介します♪

うんともすんとも日和|第6弾!
【密着!】「べき」「である」にとらわれない。それもあり!の一言が、毎日を楽しくしてくれた。(ラジオDJ・秀島史香さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像