【スタッフコラム】手帳との付き合い方、模索中。

お客様係 望月 お客様係 望月

昨年のことです。新しい手帳を探すため文房具店にて数時間。

選んだのはマンスリーとウィークリー両方あるタイプで、毎日のToDoが書けるように、チェックボックスになっています。フォントや罫線の色なども気に入ったポイント。

手帳コーナーにはラインナップが沢山あるので、自分に合うものに出合えるまで真剣勝負。それはまるで自分探しをするかのよう。だからこそぴったりなものを見つけたときは、次の1年はこれで大丈夫と思えて胸をなでおろします。

時を経て、9月末。

ウィークリーページはもちろんマンスリーページもほとんど空っぽのまま。これだ!と見つけた手帳も、持ち歩くことや見返すことすらなくなっていました。

あんなに嬉しかったのに。今年こそはと心に誓ったのに。家で眠っている手帳と目が合うたび、やるせない気持ちになるのです。

 

自分ルールをやめてみる。

▲来年はクラシ手帳に一本化してみます。

手帳が続かなかった理由を正直に言うと、「上手に書きたかった」のです。

書く内容によってペンの色を分けてみたり、紙と相性の良いペンを手帳専用にしていたので、ペンを忘れてしまったときは、書きたくても書けずに携帯にメモして後日書き写すことも。今まで日記用として使っていたクラシ手帳と併用して、内容を分けていたのもひとつかもしれません。

誰かに見せたいと思っているわけでは決してないけれど、いつの間にか手帳の中の自分が ” よそゆきの自分 ” になってしまったみたいです。(自分で作ったルールによって、窮屈になりがちな性分です)続かなかった手帳を見て、そんな自分にも気がつきました。

だから来年の手帳は、自分ルールをやめてみることに。

どんなペンで書いても良し。どんな内容を書いたって良し。もちろん空白が続いたとしても気にしない(ようにしたい)。思いついたことをすぐ書きたいから、小さめサイズが良さそう。日記用と分けるのもやめてみようかしら。

毎年「はじめの一文字目」を書くことにものすごく気合いが必要だったのですが、今年は少しの緊張感で済みました。

でも、素敵に手帳を使っている人がいたら、きっと真似したくなっちゃうんだろうな……。これからも手帳との付き合い方、模索は続きそうです。


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

カテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像