【スタッフコラム】趣味とは無縁だったはずの、母のこと

お客様係 石井

先日、母が「祭りで踊る」というので見に行ってきました。

踊るといっても、いわゆるダンスではなく「佐渡おけさ」。よさこいや阿波踊りのような、新潟県佐渡島の盆踊りです。

これは、母が60歳を過ぎてから始めた趣味。

こんなこと始めたよ、と聞いたときはかなり驚きました。私にとって、「母」と「趣味」はとても遠い印象だったから。

私が中高生のころ、母によく言っていたお決まりのフレーズを覚えています。

「趣味のひとつくらいないと、定年後に一気に老け込むよ」

なんとまぁ、偉そうな物言いをしていたものだ、と今は思います。

当時の母は、朝は誰より早く起きて家事をして、仕事をして、子どもの面倒を見て、家事をして、とにかく忙しかったはず。

平日の夜はひと息ついたらゆっくり寝たいし、休日だって家でのんびりしたかっただろうことは、今なら、心の底から、よーく、わかります。

趣味の入る隙間なんて、なかったわけです。

そう考えれば、母にもやっと自分の時間ができた、ということなのでしょう。

 

趣味のひとつくらい、が難しい

一方で、当時の母よりも少し年下な今の私と、趣味。

あのころ母に言っていたセリフが、見事にそのままブーメランとなって自分に返ってきています。

母と違うところは、せめてもの悪あがきをしているところでしょうか。

たとえば、お菓子づくり、洋裁、編み物、レース編み、ビーズ、消しゴムはんこ、カリグラフィー、映画、観劇、ワイン。

私が、中高生のころから今までに手を出してきた「趣味っぽい」ことです。

ひと通り道具を揃えて、時間も使って、一時期ものすごくハマります。でも、続かないんです。

今、だれかに「趣味は?」と聞かれたら「うーん、読書…かなぁ」と答えますが、それほど読書家というわけでもないですし。

無趣味な自分がすっかり長くなってしまいました。

40歳も近いのに、趣味のひとつもないなんて…と、妙に自意識の高い自分の声が聞こえます。

 

見つけに行くのではなくて

さて、踊る母を見た日のこと。

なんだかとっても楽しげな母がいました。

祭りの後に声をかけに行くと、「本番までは、いろいろ大変だったのよ」と愚痴っぽく言う顔も、笑っていました。

ああ、趣味ってこういうことだよな、とあらためて思います。

「これが私の趣味です」と誰かに自信をもって言うためなんかではなくて、自分が楽しむことそのものであるはず。

やっぱり頭でっかちだなぁ、私は。

ちなみに母が踊りを始めたきっかけは、誘われて断る理由もなく、というものだったとのこと。

焦らなくたって、私にも20年後くらいには、自然と出合う何かがあるのかも。

そんな期待を感じつつ、母の笑顔に少し心が軽くなった一日でした。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像