【スタッフコラム】半径50cmのたのしみ

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

自分の部屋ができたのは、確か小学生のころ。はじめは2つ下の妹との2人部屋で、中学生からは1人部屋になった記憶があります。その頃からずっと「壁」を彩ることが好きでした。

勉強机に向かって座り、あたりを見回し、ちょうどいい感じの位置にお気に入りを。手を伸ばせばペンで書き込める位置には時間割を。微調整するのもすごく楽しく。(ある時期は壁に虫ピンをさしてアクセサリーを吊り下げたり。好きなガムの箱を並べたことも……)

自分の部屋の、さらに壁という限られたスペースは、平面で広いからこそ、大きなスケッチブックのように好きに彩れる場所でした。

高校生、大学生と引っ越しを重ねていくなかでも、机周りの半径50cmにある壁は大切な存在。まじまじと見られると、ちょっと恥ずかしくなるくらい、当時の興味や直球の気持ちが反映されていた空間だったかもしれません。

これを思い出したのは、数ヶ月前にしつらえた小さなデスクスペースがきっかけでした。

▲背後には子どものおもちゃ、サイドにはキャンプ道具を収納したラックが。その囲われ感もちょっぴり安心します。

最初は殺風景だったものの、毎日ここに座っているうちに、居心地をよくしたい気持ちがむくむくと。目に入るのが嬉しくなるものを貼ったり、すぐ手に取りたいものを並べたり。

▲打合せ前にさっとつけたいリップやハンドクリームは、出して並べています。

仕事以外はほとんど目につかなくて、ここに座るのも、この壁を見るのもいまのところ自分だけ。

はたらくキッチンや家族みんなが行き来するリビングダイニングとは性格が違うからこそ、何を貼るか、ここに座る自分を励ましてくれるものをどう置くか……と考えたくなっています。

▲絵本棚一段目は、仕事まわりのものを置かせてもらうことになりました。

自分の部屋ではないけれど、心持ちが似ている。だからか、十年、二十年前に部屋の壁を彩っていたころの視線をふっと思い出すことがあります。

彩ることが楽しくて夢中だったと思う一方で、そうして必死に自分の世界をつくり、守ろうとしていたのかなとも。

4月から息子は小学生。自分の部屋ができるのはまだ先の予感ですが、好きな世界をつくること、見つける背中を目にするのは、近いものなのでしょうか。眩しい気持ちで眺めつつ、応援したい気持ちでいます。


本日の編集部recommends!

はじめたこと、続いていること
意気込みはいらない?エッセイスト柳沢小実さんに聞く、自分に合った習慣づくり【SPONSORED】

送料無料キャンペーン4/28(水)18時まで!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

わたしの朝習慣
仕事前のひとり時間を有効活用。気分に合わせて選ぶ「朝ごはんのお供」

ついに決定!映画『青葉家のテーブル』6/18(金)全国劇場公開♩
片桐仁・蛙亭の中野周平など追加キャスト&本編予告動画も発表です!

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像