【スタッフコラム】ゆっくりゆっくり、漕いで行く

編集スタッフ 齋藤

娘が転園先の保育園へ通い始めて、3ヶ月が経ちました。

慣れ親しんだ園を離れ通いはじめた当初は、自宅玄関で靴を履くあたりから顔がスーン……保育園に着いて自転車から降りても、しばらくじっとして涙ぐむ日が続きました。

「朝緊張しちゃうんだ」「するよね〜。お母さんもそういうときあったな〜うんうん」と会話をした日も、夕方迎えに行くと元気な顔になっているので、とにかく朝の心の準備が大変なのだなあと感じていました。

そんな調子が続いた5月のある日、自転車で違う道を通ってみることに。

分かりやすい通りへ出る道ではなく、畑の横を通り、いくつか角を曲がって少しだけ遠回りをする道を通ってみよう。そして(ゆっくり行きたいという娘の提案もあり)電動自転車だけれども、漕ぐスピードをおさえてのんびりのんびり行くことにしました。

さらに、娘の緊張が和らぐことを願いつつ、ペダルを漕ぎながらいろんな話をします。

好きな遊びのこと、好きな色のこと、アニメで好きな女の子のこと。景色もよく見え、お花のこと、横切った公園、聞こえる鳥の鳴き声のことなど。

これが、私自身にとっても居心地のいい時間に変化していきました。

娘も、のんびり向かうことで準備が整うのか、表情や声色が変わるように。今思うと、初めのころは娘の緊張が自分にも伝染して、話す余裕もなくなっていたのかもしれません。

そうして5月も後半に差し掛かったころ、朝の別れ際も自然に足を踏み出すようになり、すっかり大丈夫に。

初めての場所に対峙して、気持ちを整えて行く様子を毎日ハラハラと見守った2ヶ月。時にああ……とモヤモヤしたり、焦ったりしながらも、自分のペースで掴んで行く様子に励まされたように思います。

それに、ゆっくりと漕ぐ朝の自転車は、どんな天気であっても、なかなか気持ちがいい。毎日横目で、野菜の成長を観察できる登園コースは、おそらく2人共通のお気に入りになったのではと確信しています。

・・・

先日キャンプ用のテーブルを出し、ベランダでずいぶん久しぶりに晩ごはんを食べました。

そこで、リビングでオブジェ化していたキャンドルもつけてみることに。家では子どもが小さいうちは控えようと思っていたので、つけたのはかれこれ5年振りくらいでしょうか。

いい香りが漂って、雰囲気もぽわんと柔らかに。そっか、いつのまにかキャンドルをともせるようになったんだなあと、自分の心の中にもポンと明かりがともったのでした。

朝の自転車は、スローペースが気持ち良くていまだ変わらず。保育園にはすっかり慣れたようだけど、せっかくなのでこの時間をとことん楽しみたいと思っています。

▲ベランダ夕食が楽しくて、翌朝日曜日の朝食もここに。いい時季の恒例にしたいです


本日の編集部recommends!

平日ごはんも、あきらめない
豚肉の角煮やおでんだって、短時間で。スタッフが「話題の調理家電」を使ってみました。【SPONSORED】

本日の再入荷
フライパンで蒸し料理が作れる蒸しかごや、ちょっと使いに重宝する下ごしらえボウルが再入荷!

残りわずかのアイテムたち
人気のベーシックニットや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの偏愛ストーリー
足元15cmがコーディネートの味方。集まってきた40足の靴下たち

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像