【真夏のおしゃれ道場】第1話:今年こそ挑戦したい「透ける服」。おしゃれなインナー選びの極意とは?

編集スタッフ 小林

昨年の夏に公開した「真夏のおしゃれ道場」。

おしゃれ初心者の私・小林が、スタイリスト植村美智子(うえむらみちこ)さんに「大人のおしゃれ」を指南していただく、この企画がなんと、今年の夏も帰ってきました!

今回のおしゃれ道場は全3回、テーマは  初心者こそ悩んでしまう「夏のおしゃれアイテム」 についてです。

第1話で教えていただくのは、最近お店でよく見かけるけれど、インナーはどうしたら……?、と手に取るのをためらってしまう「透ける服」の着こなし術。大人の素敵な着こなしを知れたら、おしゃれの幅も広がるかも?

ということで、師匠、今回もよろしくお願いします!

 


透ける服のインナーって、何を着ればいい?


いわゆる流行りのシアーシャツや、薄手のサマーニット。憧れの素敵なお店でよく見かける、最近のおしゃれな洋服たち。

ひとまず手に取ってみるものの「いやいや、こんなに透ける服、一体中に何を着れば?」と考え込んでしまい、そっと棚に戻してしまう。

もちろんそれだけではありません。素敵だなぁと思って買ったリネンシャツ、大丈夫だろうと思って買った白ニットなど、インナー選びに悩む服は、クローゼットに意外とあるもの。私の場合とりあえずベージュのインナーを合わせてみるのですが、やっぱり透けてしまってイマイチかも、なんて思うと、結局中々着られなくなってしまって。

こういった洋服は、一体どんな風に着こなせば良いのでしょうか?

 

「色」と「形」に注目です!

植村さん:
「透ける服のインナー選び、悩ましいですよね。

まず色について。いわゆる白Tシャツなど、あからさまに透けないものについてはベージュのインナーを選べばいいと思います。でも、もっと透け感のあるもの、インナーの形までわかってしまうタイプの洋服については、生々しさが出てしまうことがあるので、ベージュのインナーは避けた方が良いと個人的には思います。

この場合は「トップスの色、もしくは、ボトムスの色と同じものを選ぶ」のが、一番簡単で、一番おすすめ。

そうすることで、インナーが悪目立ちすることなく、自然なおしゃれになりますよ」

植村さん:
「次に形。これについては俄然「胸元のラインが真っ直ぐになっている」インナーをお勧めします。

これならトップスの首元がどんなデザインでも、バランスが取りやすい。さらにデコルテが出過ぎないので、Uネック・Vネックと比べて下着感がグッと減ると思います。

胸元が真っ直ぐになっている、というのがポイントなので、肩紐の有無や、太い細いについては、ご自身のお好みで選んでいただいて大丈夫。

ただ首元が大きくあいていないトップス、例えば今回のようなシャツやニットの場合は、肩紐がある方がバランスは良いと思います」

なるほど〜。なんとなく、インナー選びの軸はわかった気がします。が、わかった気になっているだけかもしれない……ということで、実際に試してみましょう!

 

おしゃれの技・その一
トップスの色 × 胸元真っ直ぐ型

まず私がよく選ぶ「Uネック型」のインナーを、師匠の教えを元に「胸元真っ直ぐ型」のインナーに変更してみました。

どちらの場合も色はベージュを避け、トップスに合わせた白で比較してみます。

確かにどちらもインナーが透けている、というのは変わりませんが、デコルテの肌面積が減ったからか、首元とのバランスが取れたからか、グッとおしゃれに見える気が。

植村さんの仰るとおり下着感が減り、おしゃれ上手になった気がします〜!

色もトップスと同じにすることで、インナーが悪目立ちしてしまう現象を回避! むしろ、トップスとセットのように見えるほど自然。

それにこの方法なら、どんな色柄のボトムスがきてもOK。いつでも好きな洋服の組み合わせができるのは、結構嬉しいなと思いました。

 

では次に、ボトムスの色に合わせたバージョンも試してみましょう。今はいているスカートと同じ色のインナーを持っていないので、わかりやすい黒いパンツに変更し、黒のインナーを合わせてみます。

 

おしゃれの技・その二
ボトムスの色 × 胸元真っ直ぐ型

おおお〜。これもパンツとインナーがつながって見えるので、より下着感が少なくなった気が。縦長効果ですらっと見えも期待できそうです!

それにこれなら忙しい朝でも悩まなくて済みそう。簡単なのに、グッとおしゃれな感じになるのが嬉しい。

次にインナーを買い足すときは、手持ちのボトムスの色を考えながら購入するぞ、と決意しました。

ちなみにインナーの肩紐が太いものだと安心感が、細いものだと華奢さが出る、ということも体感できましたよ。

 

おしゃれの技・応用編
「きれい色インナー」は同色の柄物と相性◎

きれい色のインナー。見かけると心ときめいて、ついつい買いたくなってしまうのですが、こうしたインナーを透ける服の着こなしに上手に活用できないものでしょうか?

植村さん:
「ボトムに柄物のスカートやパンツなどを選ぶと、きれい色のインナーも上手に活用できます。その柄の中に同じ色が少しでも入っていれば、うまく馴染みますから。

たとえばこんなコーディネート。ピンクや青が混じった柄スカートだったら、ピンクでも、水色でも、どちらのインナーでも合わせられます。

こうしたインナーに透け感のある洋服を合わせると、少し透けるからこそインナーが差し色になって、より上級者っぽいおしゃれに。

インナー選びひとつで簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね」

次回第2話のテーマは、ゆるっと楽ちんなパンツの脱・寝巻き化!

リラックスおしゃれはどうしたら上手にできるのか、師匠の技を教えていただきます。

 

photo:waki hamatsu

 

もくじ

 

植村美智子

スタイリスト。雑誌や広告などで活躍し、2010年より個人向けファッションコーディネートサービス「Liltin’(リルティン)」もスタート。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、『「今の自分」に似合う服』(天然生活ブックス)などがある。

 


本日の編集部recommends!

変わっていくモノ選び
今の暮らしにちょうどいい日用品って?4人の子育て中、モデル・asacoさんの自宅を訪ねました【SPONSORED】

【送料無料】秋いちボトムスが今年も登場!
創業15周年の感謝をこめて、秋いちボトムスご購入で送料無料に。

手帳プレゼントキャンペーンが今年もスタート!
お買い物いただいた方全員に、当店オリジナル「クラシ手帳2022」を差し上げます!

秋冬コーデの1週間
秋いちボトムスで着回したのしむ。おしゃれなあの人の1weekコーディネートを拝見

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像