【着用レビュー】スニーカーのサイズ選びに。スタッフ6名で試着してみました!

編集スタッフ 田中

本日発売の、REPRODUCTION OF FOUNDのスニーカー。

サイズ選びの参考になればと、今回6名のスタッフに試着してもらいました。今回当店がご紹介する日本サイズとの換算表は以下の通り。

スタッフたちは、この換算表とほぼ同じサイズを選んでいる人が多かったように感じます。足の特徴や履き心地の感想をお届けしていますので、レビューをご覧になってからのサイズ決めをおすすめします。

【日本サイズとの換算表】
36= 約23.0cm
37= 約23.5cm
38= 約24.0cm
39= 約24.5cm
40= 約25.0cm
41= 約25.5cm

 

バイヤー郡
<36(23.0cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:23cm、サンダル:22.5cm

【足の特徴】
甲幅は狭め、やや甲高。スニーカーを選ぶときは、底にクッション性と厚みがあるか? また靴ずれしやすいので履いたときのかかとの違和感があるかないか?を気にしている。

郡:
「36だとキツすぎず、大きすぎずちょうどいいサイズ感でした。つま先はほんの少しゆとりがありますが、紐で調整できます。

かかとにクッションがきいているから歩きやすく、長時間履いていても疲れにくそうです。靴ずれしなさそうかどうか、いつもかかとの履き心地を気にしていますが、このスニーカーは大丈夫そうです」

郡:
「秋冬はモノトーンの服が多くなりがちなので、このカーキは程よい差し色になりそう。

小柄なので、スニーカーを履くとどうしても子供っぽい印象に見えるので、普段から大人っぽいものを意識して手に取るようにしています。このカーキは珍しい色味で、ほんのりミリタリーテイストなところが好みです。デニムとの相性もいいですね」

 

スタッフ澁谷
<37(23.5cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:24.0cm、サンダル:24.0〜24.5cm

【足の特徴】
甲幅は狭め、やや甲高。履いたときの心地よさ重視で、つま先が余ってもゆったりめの靴を選ぶことが多い。

澁谷:
「私は甲幅が細身なせいか、推奨サイズよりひとつ上の37がフィットしました。甲幅がちょうどよく、かかとは少し緩めでしたが、紐で調整できますし、これからの季節だとタイツと靴下を重ね履きすることもあるので大丈夫そうです。

もうひとつ下の36サイズだと甲の上あたりがきつく感じました。かかとは余らなかったので薄手の靴下ならこの37サイズを選ぶと思います。

靴がとても軽いです! たくさん歩きたいけど、おしゃれも譲れないという場面で活躍してくれそう」

澁谷:
「絶妙なカラーリングのアッパーに、アウトソール部分のカーキ色の組み合わせがとにかく可愛い! 私はもともとアースカラーの服を好んで着ることが多いので、コーディネートしやすそうです。

スニーカーは、履き心地がいいと思ったものをリピートするタイプ。一日中立ちっぱなしで動き回る日は軽さや歩きやすさを優先したいから、安心できるものを選びたいんです。

この靴はおしゃれなだけでなく、そんなタフさもありそうで欲しくなりました!」

 

スタッフ齋藤
<38(24.0cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:24.0cm、サンダル:23.5cm

【足の特徴】
甲高タイプ。甲幅はふつう。細身のスニーカーは甲周りがきつくて歩きにくいことがあるので注意して選ぶ。なので普段からボリュームのあるスニーカーを選びがち。

齋藤:
「私は38サイズがぴったりでした。甲高ですが、紐で調節できるので甲幅を基準に選んだほうがフィットすると感じました。

このスニーカーはかかとが浅めなので、靴べらを使ってしっかりかかとを合わせて履いてから紐を結ぶと、足にぴったり合わせられそうです」

齋藤:
「つま先部分のカラーがベージュっぽい色味で、ブラウンとの切り替えがいいアクセントになっていると感じました。

普段よく履くスニーカーは、ナイキやニューバランスなどのシンプルだけどボリューム感のあるもの。ワンピースやスカートとは合わせやすいのですが、ワイドパンツなどに合わせるのが難しいなと思っていたんです。

その点、このスニーカーはフラットで細めな印象だから、ワイドパンツなどで少しアッパーが隠れているのもかわいい。

秋口から冬は、ブラウンの色味は手持ちのコートとも合わせやすそうです」

 

スタッフ小林
<38(24.0cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:24.0〜24.5cm、サンダル:24.0〜24.5cm

【足の特徴】
外反母趾気味。甲幅広め、甲高タイプ。スニーカーを選ぶときは底が浅いと足が疲れやすい。横幅が狭いと親指の付け根があたりやすいので、甲幅の履き心地を基準に選ぶ。

小林:
「私の足だと38サイズなら調節して履けそうです。甲の幅がきついと足が痛くなるので、いつも足長は大きめでも幅が合っているものを選びます。このスニーカーでも、つま先は親指ひとつ分ほど余っていましたが、紐で調節できました」

小林:
「こういう形のスニーカーはかかとが浅く、底が薄いと足が疲れやすかったり、甲の横幅が狭いとアウトソールが割れてきたりするので苦手だと感じてました。

実際、かかとのクッションがふわふわで脱げそうと感じましたが、紐を締めていれば大丈夫なのと、だんだんと足の形になじんでいきそう。

アウトソールもタフで割れにくそう。ミリタリーもので作りがしっかりしているのが分かります!」

小林:
「見た目もボーイッシュさやカジュアル感が強くなると思っていたのですが、このスニーカーのカーキは好みです! ワントーンコーデで、黒か白どちらか一色になっても、差し色として使えそう」

 

スタッフ津田
<39(24.5cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:24.5〜25.5cm、サンダル:24.5cm

【足の特徴】
外反母趾で甲幅広め。スニーカーを選ぶとき、メーカーによっては幅がきついことがあり、サイズアップして靴紐で調節することも。

津田:
「甲幅が広いので最初は40サイズを試着しましたが、靴紐でキュッと締めてもかかとが緩そうだったので、ひとつ下の39サイズに変えました。

ただ、今回短い試着時間だったので、39サイズで長時間歩き続けても足に負担がないかどうかが分からず、難しいところなのですが……。

ハイテクスニーカーならインソールがふかふかなのはありますが、シンプルで細身のもので、かかとにクッションがあるものはなかなか出会ったことがなくて。上質な作りなのが伝わってきます」

▲40サイズ試着時。かかと回りに指が入るくらい余裕があったそう

津田:
「私はもともとミリタリーものが好きで、今日履いているボトムスも古着屋で見つけたもの。インソールに入ったタグに、英軍のリプロダクト品と印字があって、いいなあ〜と思いました。軍ものって、作りがしっかりしているのがいいんですよね」

▲ローカットはコンバースの黒が定番だけど、ブラウンは柔らかな印象。新鮮さもあるから欲しい!と津田

 

スタッフ木下
<40(25.0cm)着用>

【足のサイズ】
スニーカーや革靴:24.5〜25cm、サンダル:24.5cm

【足の特徴】
甲幅が広く外反母趾ぎみ。親指の付け根が痛くならないか?などフィット感を重視して慎重に選んでいる。

木下:
「41と40を試しましたが、このスニーカーだと40がフィットしました。甲幅が広めで親指のあたりが痛くなりがちですが、こちらは足先のフォルムが丸みを帯びていて窮屈さがないのがいいです!

見た目は厚みがなくて、ぺたんこなスニーカーなのかと思いきや、かかとのクッションがきいていて、とてもラクに履けそうです」

木下:
「歩きやすさが優先順位高め、次に服の色とのなじみ方をチェックしながら選びます。パステルや蛍光など目立つ色合いを合わせるのも好きですが、秋冬は今日着ているアースカラーも増えていくので馴染ませるのもいいなと思いました。

ボトムスと靴のバランスも気にしています。裾がもたつかない形を探していたので、このスニーカーのすっきりしたフォルムは気に入りました。タイトなボトムスでも足元をきれいに見せてくれそうですね」

 

【写真】川村恵理(バナー、1枚目)

 

▼商品ページはこちらから


本日の編集部recommends!

平日ごはんも、あきらめない
豚肉の角煮やおでんだって、短時間で。スタッフが「話題の調理家電」を使ってみました。【SPONSORED】

本日の再入荷
フライパンで蒸し料理が作れる蒸しかごや、ちょっと使いに重宝する下ごしらえボウルが再入荷!

残りわずかのアイテムたち
人気のベーシックニットや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの偏愛ストーリー
足元15cmがコーディネートの味方。集まってきた40足の靴下たち

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像