【夫婦で、服のはなし】第2話:歳を重ねてもデニムやボーダーを楽しみ続けるために。定番服をマイナーチェンジする方法

ライター 木下美和

40代になった“いま”の自分に似合う服を知りたいと、セレクトショップ「annabelle」(アナベル)のオーナー・伊佐洋平(いさ ようへい)さんと、お店の試着モデルとしてたくさんの服を体感してきた妻の奈々(なな)さんにお話を伺っている本特集。

1話では、30代から40代にかけて変化したライフスタイルやお店のこと、奈々さんの服選びの変化について伺いました。

2話では、ライフスタイル誌のwebサイトでコーディネート提案の連載コラムを持つ伊佐さんに、「好きだった服が似合わないと感じるのはなぜ?」「大人がおしゃれに見える服ってどんなもの?」「選ぶポイントは?」などなど、奈々さんをはじめとする多くの40代女性が抱える服悩みあるあるを聞いてみました。

 

大人がデニムを履きこなすポイントとは

奈々さんが年齢を重ねるにつれ、自然と敬遠するようになったアイテムの一つが「デニム」。元々古着が好きで、その頃はよく履いていたそうですが、しばらくワードローブから外れているといいます。

これを伊佐さんの視点で分析すると……。

伊佐さん:
「デニムって定番アイテムだけど、実はとても着こなすのが難しいんです。いわゆる5ポケット、ジャストサイズのシンプルなジーンズは、自分の体型やバランスを熟知していないと、なかなかかっこよく履きこなせない。でも、素材感やシルエットを吟味すれば、40代こそ似合うデニムスタイルはあります」

▲トップスは着心地のよさで定評のある「ファクトリー」のサマーニット。首元と袖口がさりげなくロールアップされたデザイン。

そう言って見せてくれたのは、ハイウエストとタックが入ったシルエットがさりげなく女性らしい雰囲気を醸す「アルテポーベラ」のデニムスタイル。やわらかい素材感で、気負わず履けるそう。

奈々さん:
「“ザ・デニム”って感じがしなくて、これなら履けるかも。やわらかくて気持ちがいいし」

伊佐さん:
「もともとデニムが好きだった人なら、こういうぶかっとしたチノパンスタイルのようなデニムから、バリエーションを試していってもいいかなと思います。

全体的にはシンプルな中の“スパイス”がキーワード。首元には手刺繍が施されたシルクのストール、手元にカゴの軽やかさと革張りの上質さを掛け合わせたバッグを合わせて、シックにまとめました」

▲シンプルなコーディネートのスパイスに活躍するストールは「ムニ」。バッグはアナベルの定番となっている「テハマナ」のもの。

 

脱・カジュアル! 40代だから似合うボーダー選び

デニムに加えて、奈々さんが最近違和感を感じるようになったと話すのが「ボーダーカットソー」。これはまさに共感する人も多いのではないでしょうか。

伊佐さん:
「僕が思うに、ボーダーもデニムと同じでこれまでと少しテイストの違うものを選べば、カジュアルすぎず、40代らしいボーダーの装いができます」

▲お店でオープン当初から扱っている「トラバイユマニュアル」のボーダーカットソー。

そこで伊佐さんが提案してくれたのが、ボーダーのピッチ(線幅)が細く、ベースの色が白地ではなくグレー地になったボーダーカットソー。ドロップショルダーのデザインが施されたゆったりとしたシルエットもリラックス感があります。

奈々さん:
「ボーダーが主張してなくて、すごくかっこいい!」

伊佐さん:
「そう。40代の方には主張しすぎないんだけど、着る人にすっと馴染んで、内面からにじみ出るキャラクターを引き立てるような服を提案したくて。わかりやすくかわいかったりシンプルだったりするものから一歩抜け出した、『デザインされたものを選ぶ』のが一つ心がけていることです」

▲春先に活躍するハリのあるコットンリネンのコートは「エシュペー」。一見シンプルなコーディネートでありながら、それぞれのアイテムは生地に表情があり、静かな存在感を放つ。

 

40代は、ラクを上手に考えられるようになる

伊佐さんのアドバイスを聞いていると、これまで好きだった服に感じる違和感にはちゃんと理由があり、いまの自分に合うものをチョイスすれば、好きなものを楽しみ続けられることを実感できます。

そんな伊佐さんがここ最近、奈々さんやお店に来る常連のお客さんたちと接している中で、「ラクを上手に考えられる(着こなせる)ようになっている」と感じることが多いのだそう。

伊佐さん:
「40代まで服が好きで、それなりに興味を持ち続けている人は、これまでにいろんなファッションの成功・失敗を経験しているので、合わせ方や着こなし方の勘がいいんですよね。

だから、例えば若い頃のようにがんばってヒール靴を履かなくても、ワンピースにスニーカーを合わせてほどよくカジュアルにするとか、軽やかな装いでありつつ、冷えないように内側に薄いカシミアのインナーを着るとか。

自分の体を知り、無理をせず、おしゃれと同時に内面を高めたいという気持ちもすごくある世代で、そういう心の持ちようが、表面のおしゃれにも表れている感じがいいなと」

「ラクに着こなす」というのは、ともすればラフになりすぎてしまうという心配も。そうならないためには、「素材」にこだわって選ぶことも一つのアプローチだといいます。

伊佐さん:
「シンプルな服ほど、良質な素材や表情のある生地感にこだわって選ぶのがおすすめです。逆に、ファストファッションのTシャツをコーディネートのメインにするなら、例えばアンティークの時計や存在感のあるジュエリーなどを合わせることも、大人世代だからこそできるメリハリの付け方ですね」

▲〈yasuhide ono〉の水晶のピアスは、ふだんから着ける頻度が高い奈々さんのお気に入りアイテム。

Tシャツの出番が増えるこれからの季節、手持ちの“ちょっといい小物”を見直して合わせてみると、ラフではない、ラクでかっこいいコーディネートが楽しめそうです。

 

楽しく暮らしてさえいれば、おしゃれもうまくいく?

▲実は奈々さん、昨年新たな趣味として中型バイクの免許を取得し、すでに250ccのバイクも購入済み! 今年は1年かけて納得のいくバイカースタイルを見つけるのが目標だとか。

40代という年齢が、新たなおしゃれを見つめていく過渡期だということを実感した今回のインタビュー。似合わないものが出てきても、おしゃれに悩んでも当たり前だと、お二人に勇気づけられた気がします。

奈々さん:
「洋平くんが『好きなことがあって元気にしていたら、たぶんおしゃれはうまくいく』と言っていて、本当にそうだなあって思います。

私、鏡を見るのが大好きで、落ち込んだ時ほど鏡に向かってニコっと笑いかけるんです(笑)。『どうしたい?』『いま何を感じてる?』って自分と対話することで、客観視できるし、気持ちが切り替えられる。歳を重ねると大変なことも多いけど、いつもその時の“こうしたい!”というワクワクした気持ちに正直でいたいし、これからのおしゃれも、自分が思うままに、自由に楽しみたいです」

伊佐さん:
「40代からのおしゃれは、『新しいものを常に取り入れていく』こともキーワードかな、と。自分の固定観念にとらわれず、新しい服や、思い切って弾けたアイテムにもチャレンジして欲しいですね。そこを一歩踏み出すと、おしゃれの満足度も上がると思います」

夫婦ならではのテンポ感で進んだファッション談義。伊佐さんと奈々さんに教わった大人だからこそ似合うものに焦点を当てて、この春、新たなおしゃれを楽しみたいと思います。

 

【写真】鍵岡龍門

 

もくじ

 

伊佐洋平・伊佐奈々

神奈川県横浜市のセレクトショップ「annabelle」(アナベル)を営む。妻の奈々さんは保育士の傍らお店の試着モデルとしてサポート。服の手触りが伝わってくるような伊佐さんの言葉で綴られたお店のブログやインスタグラムには、コーディネートのヒントが満載。2022年4月にアクセサリーブランド「en」の企画展を開催予定。

HP:https://f6products.com Instagram:@annabelle_104

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

1本4役のスキンケア
翌朝もちっと調子がいい。毛穴、角質、保湿、くすみを1本でケアできるオイルウォーターって? [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像