【クラシコムのしごと】フィットする暮らし、つくろう。1年の振り返りとみつけた希望を共有する、リアル全社会議を開催しました。

広報担当 白方

当店で働くスタッフたちの現場をお届けしている連載「クラシコムのしごと」。今回は、年末に開催した、クラシコムのリアル全社会議のレポートです。

普段はリモート中心で業務をしている、クラシコム。全社でのコミュニケーションをとるために、隔週オンラインで「全社会議」を開催しており、その延長として、リアルな会場にみんなで集まる特別な会議を、半年ごとに実施しています。

ランチやお茶をしながら、それぞれの仕事への理解と信頼をじっくりと深め、クラシコムの「これから」を楽しく語り合う。そんなリアル全社会議、今回は、2023年12月に開催した、第3回目の様子をお届けします。

 

約90名のスタッフが集合しました

▲すかっと気持ちのよい、冬晴れの空が広がります。

会場は、半年前の全社会議と同じ東京會舘。

開始時刻の10分前、スタッフが続々とやってきました。

▲あらかじめ決められたテーブルに着席。

さまざまなチームや職種の仲間と、ちょっぴりドキドキしながら、あいさつを交わします。

おしゃべりが盛り上がってきたところで、リモートの全社会議と同じように、人事スタッフの司会で、会がスタートしました。

▲久しぶりに集まったみんなの顔を見て、笑顔になる人事スタッフの金。

 

私たちの理念を、みつめなおす時間

まずは代表・青木によるメッセージから。

「組織としてできることが増えてきて、周りからの期待も少しずつ広がっています。それにともなって仕事の難易度も上がってきました。そこで、働く中でどこに立ち戻ったら良いか、大切にしたい判断指針や仕事に向き合うフォームを、言葉にしてみます」

クラシコムのミッション「フィットする暮らし、つくろう。」の再確認と、これからの経営指針。これらの実現のためにどんな判断指針を持ち、どんなフォームで仕事に向き合うか。

じっくりと、そして誠実に、思考の背景や意義を説明しました。

▲75分にわたる、熱量たっぷりのプレゼンテーションです。

「お伝えした判断指針やフォームの全てを、完璧に体現してほしい、というわけではありません。僕自身、うまくできていないなと感じることもあります。今日の言葉の数々を拠り所として、こうあるためにはどうしたらいいのだろう? と日々トライを重ねながら、みんなで仕事に向き合いたいと願っています」

青木からのメッセージを、ぎゅっと受け止めたあとは、テーブルごとに感想や意見を交わします。

「あの場面は、こんな軸で判断していたかもしれない」
「今度は、こういうフォームで業務に向き合ってみたい」

これまでの仕事と重ねたり、これからの姿勢をみつめなおしたり。メッセージから感じたことを、各テーブルで共有します。

各テーブルでのディスカッションのあとは、全体で意見や感想を共有しました。

今回のメッセージの中には、新しく出会う言葉もあれば、あらためて理解を深める言葉もありました。いずれも「フィットする暮らし、つくろう。」を実現するために、なくてはならないものばかり。大切な言葉の数々を手がかりに、みんなで考えを深め、前に進むための大切な時間となりました。
 

仲間との会話がはずむ、ランチタイム

メッセージのあとは、お待ちかねのランチタイムです!

お弁当が運ばれてくると、緊張がゆるみ、和やかなムードになりました。

最近の仕事の話から、気になる洋服や雑貨のこと、家族とのほっこりエピソード。対面でのおしゃべりで、普段はリモートで会話している仲間との距離が、ますます縮まります。

わいわいと会話もはずみ、あっというまに時間が過ぎていきました。

 

どんな1年だった? 振り返りのFikaタイム

お腹が一杯になったところで、テーブルを移動します。1年間を振り返る「Fikaタイム」のはじまりです。

ひとり10分ほどの持ち時間で、1年間の振り返りを周りのメンバーに伝え、残りのメンバーは1人ずつフィードバックをする……それを人数分繰り返します。

今回は「1年間で、自分のコンフォートゾーンを広げ、ストレッチしたこと」をテーマに、振り返りを行いました。

仕事で悩んだ場面や、戸惑い、ざわざわしたこと。目の前の問題にどう向き合い、チャレンジしてきたのか。細やかな気持ちの変化や素直な感情を、仲間に伝えるのは、とても勇気がいることです。

それでも正直に伝えることで、俯瞰して、自分のあゆみと成長を振り返ることができます。

ふぅっと話し終えると、今度は仲間からのフィードバックの時間です。

「あの場面での活躍、とても印象的でした」
「勇敢な姿に、エネルギーをもらったよ」

じんわりと心にしみる言葉の数々に、心がほかほかとあたたかくなっていきます。

「打ち明けてくれて、ありがとう」

仲間への感謝の気持ちが自然と溢れ出て、終わる頃には、みんなやわらかな表情に変わっていました。

こうしてあっという間に、振り返りタイムも終了。対話を通じて、仲間と自分自身に真摯に向き合い、来年もまた一歩ずつ進んでいこう、と気持ちを引き締めることができました。
 

2024年も、私たちみたいな誰かのために

最後は、店長・佐藤からのメッセージです。みんなの振り返りに続いて、佐藤がこの1年向き合った悩みを、打ち明けます。

「お客さまを想像するとき、これまで “私たちみたいな誰か” と表現していたけれども、実は、それがわからなくなってしまう時がありました」

「16周年を迎えて、長い時間軸でお客さまとつながり、これから先、自分が生きていない時代にもお店がある未来にも、想いをはせるようになりました。視野が広がっていくことで、“私みたいな誰か” ではなく “私ではない誰か” まで想像してものづくりをしたほうがいいのかな、と迷ってしまうことも……。そうしてもがいている時も、判断の手を止めることはできなくて、でも結果として、そうして向き合った仕事の中で、救われるシーンがいくつもありました」

初めての長編ドキュメンタリー『あさってのモノサシ』、初めてのスキンケアアイテム『オイルインミスト』、そして2024年に予定している新商品について。

この1年で、佐藤が救われたという、3つの開発エピソードを話してくれました。

「この1年のさまざまな仕事と、お客さまからいただいたあたたかいメッセージを通じて、今までどおり “私たちみたいな誰か” を手がかりとして考えていけば大丈夫だ、と小さな希望を見出すことができました。一つひとつ悩みながら、想像を巡らせ、最後は自分で決める。ていねいに思考を積み重ねる真摯さがあれば、大丈夫かもしれない。2024年は、やわらかな気持ちで仕事に向き合えそうです」

「この1年、いろんな場面でみんなの仕事に向き合うフォームを見て、私も救われてきました。ここまで辿り着けたのもみんなのおかげです。今年も、本当にありがとう!」

悩んだ先に見えてきた小さな希望と、仲間への感謝の言葉で締めくくられました。

そして、最後はお決まりの集合写真です。

今回も、仲間への感謝の気持ちで、胸がいっぱいになった全社会議。

▲小さな希望を胸にたずさえて、帰路につきました。

今年もお客さまへ、ほっとするひとときや楽しい体験をお届けできるよう、一つひとつの仕事に、真摯に向き合ってまいります。

2024年も「北欧、暮らしの道具店」とクラシコムをどうぞよろしくお願いいたします。

【写真】鍵岡龍門

「クラシコムのしごと」
バックナンバーはこちら

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

当店初の「オフィスカジュアル」ができました!
きちんとした印象でありつつリラックスした着心地。普段使いの着回しも楽しめますよ。

Buyer's selection|春のメイクにおすすめのアイテム
アイシャドウやカラーマスカラなど、おすすめアイテムを集めました。

【動画】新番組がはじまります!
自分が心から喜ぶことを丁寧に考えてみる。『1時間あったら、ひとりでなにをする?』

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像