【メープルグラノーラ再販】OYATSUYAこぼれ話・材料のオートミールの豆知識!

OYATSUYA SUN 梅澤 OYATSUYA SUN 梅澤

DSC_0444

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

さて、OYATSUYA SUNの「ビンまでかわいい特別なおやつ」メープルグラノーラ再販のお知らせです!

先週再販させていただいたメープルグラノーラにも、販売開始から沢山のご注文をいただきありがとうございました。今回は◎お一人様1点まで◎ご購入いただくことが可能です。

今後もご購入いただける個数の増減を調整させていただく場合がございますが、何卒ご協力とご理解をお願いいたします。

 

オートミールの豆知識

DSC_0036

燕麦(エンバク)という麦の一種を、割ったり押しつぶしたりして食べやすく加工したものがオートミール(オーツ麦)です。

代表的な食べ方は、グラノーラに加工したり、そのまま牛乳をかけてシリアルとして食べたりすることが多く、時々ウィスキーやビールの原料になったりもするそう。

OYATSUYA SUNでは、創業160年以上の歴史を持つアンカーフーズ社のオートミールをつかっています。

DSC_0038

北欧では古くからオートミールを炊いたお粥(ポリッジと呼ぶそうです)が、日本でいうお米のように主食として食べられていたそうです。

日本だと、オートミールはグラノーラのイメージが強いので、”甘いもの”という印象がありますが、ポリッジをはじめ塩や胡椒などで味付けをしたしょっぱいものがたくさんあるそうです。想像がつかないので食べてみたいですね。

 

グラノーラをつかってスコーンもできます!

DSC_0086

ちなみに、お店では以前、”オートミールとクランベリーのスコーン”を焼いていました。オートミールの一番の特徴であるザクザクとした食感が味わえて好評でした。

ちょっぴり余談ですが、既存のスコーンのレシピにこのグラノーラを混ぜるのもおいしいですよ。

オートミール単体ではなくグラノーラをそのままスコーンの生地に混ぜて焼くとよりザクザクっとした食感とメープルの風味が感じられます。ぜひご家庭でもためしてみてくださいね!

それでは、今週はこの辺で。

 

グラノーラの魅力については、商品ページでもたっぷりご紹介していますよ。ぜひチェックしてみてくださいね!

▼グラノーラの商品ページはこちら。
granola_title3

 


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
チェアパットや一膳おひつ、YESのショルダーバッグなど人気アイテムが続々入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
子育てをしながら自分の時間も。整理収納アドバイザー・七尾亜紀子さんの効率的な朝時間。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像