【KURASHI&Trips PUBLISHING 新商品】木工作家さんと一緒に、一年がかりで完成した当店オリジナルのコースター。とうとう発売です!

編集スタッフ 松田

ktp_coaster_610

こんにちは!バイヤーの松田です。

2016年最初の新商品は、当店オリジナルブランドKURASHI&Trips PUBLISHINGより、木のコースターの登場です。

 

お客さまからの声から始まったプロジェクト。

ktp_coaster_372a

今回のコースターづくりの始まりは、サイトのページにちらっと登場したスタッフ私物の木製コースターに、たくさんのお客さまからお問い合わせをいただいたのがきっかけでした。

「こんなにたくさん、シンプルな木のコースターを探している方がいるんだ!」という気づきをいただいたのと同時に、毎日のコーヒータイムやおやつの時間、さらに朝食や晩酌のひとときに、さりげなく登場する「コースター」という存在について改めて考えました。

小さいながらも、食卓の雰囲気を左右する存在。
水滴や熱からテーブルを守るのはもちろん、たった一枚コースターを敷くだけで、飲みものが心地良く飲めて、なんだか時間を丁寧に過ごせる気がする。

ktp_coaster_andom_019

慌ただしい日々の中の、ほっと一息つく大切なひとときに、意外と肝心な役割を果たしているコースター。

私たちにとってよりベターな、“理想の木のコースター”って何だろう、、と真剣に考え、開発に約1年間かかったコースタープロジェクトがようやく本日リリースとなりました!

KURASHI&Trips PUBLISHING/木のコースター

木工作家さんが時間をかけて丁寧に仕上げた、シンプルで美しいコースターです。

ktp_coaster_andom_011

本日のコラムは、こだわったポイントの他に、アトリエにお邪魔したときの風景や、コースターが生まれる工程も一緒にお届けします。
ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

 


私たちのこだわりポイント。


定番としてずっと永く愛せるかたち。

ktp_coaster_278

今回のコースターは、余計な装飾はほどこさず、出来る限りシンプルな丸型にしました。
どんなマグカップやグラスとも似合う、普遍的なかたちです。

丈夫で美しいチェリーの木目は、ひとつひとつ異なる風合い。お手元に届くコースターだけが持つ、唯一無二の味わいです。

木工作家さんがひとつひとつ丁寧に鉋がけした木肌のなめらかさも、ぜひ触って感じてくださいね。

 

小皿としても使える、少しだけ大きめのサイズ。

ktp_coaster_s2-2_209

直径12cmと、少しだけ大きめのサイズにしました。
マグカップと一緒にちょっとしたお菓子をのせたり、小さな木のプレートととして使っても素敵です。

 

手に取りやすいシャープな角度。

ktp_coaster_bvmatsu_01
職人さんの技術を活かして、エッジはあえてシャープにすっきりと。
安定感を持たせつつ、手に取りやすい角度に設計しました。

 

木の温もりと経年変化を味わえる、オイル仕上げ。

ktp_coaster_andom_019

仕上げに採用したのは、直接口に触れても安全な、ドイツ産の良質な植物性オイル。

オイル仕上げの良さは、木の手触りと温もりを残しつつ、適度に水分から木を守ってくれるところ。
時を重ねるごとに、木色がだんだんと濃く味わい深く育ち、変化していく風合いを楽しめます。

 

オリジナルケースに入れてお届けします。

ktp_coaster_024

コースターがお手元に届いたとき、ワクワクした気持ちも感じていただけたら。贈りものにも喜んでいただけたら。

そんな気持ちを込めて、パッケージにもこだわりました。

 


コースターが生まれるアトリエへ。


ktp_coaster_andom_007

今回のコースターづくりを笑顔で引き受けてくださったのが、木工作家の安藤拓志さん

木目の美しさを活かした家具や木工道具など、日々の暮らしに溶け込む作品を製作しています。

ktp_coaster_andom_010

北海道、そしてドイツ、東京の家具メーカーで経験を積み、2012年に独立。

東京の立川市に構えたアトリエは、一歩入ると、たちまち木の香りに包まれます。

ktp_coaster_andom_002

ktp_coaster_andom_013

無骨で堅実な道具たちが佇むアトリエ。
適度な緊張感と木の温もりが同居した、なんだか背筋がのびるような空間でした。

 


木のコースターができるまで。


ktp_coaster_andom_009

こだわりのコースターづくりは、まず木材を十二分に乾かすところから始まります。
加工後に反りや割れが起こらないよう、焦らず時間をかけて木材自身の準備が整うまで、じっくりと待ちます。

今回コースターに使う木材は、ブラックチェリー。
木目が美しいのが特徴で、家具などにもよく使われるとっても丈夫な木です。

ktp_coaster_andom_004

乾かしが完了したら、大きさと厚みを揃え、平らな状態に統一させます。

ktp_coaster_andom_005

そして、ひとつひとつの木板に鉋をかける作業へ。

鉋がけは、細かく気を使う、かなり根気と熟練された技術のいる作業。
機械ではなく、手作業で鉋をかけることで、表面がすべすべと気持ちのよい手ざわりに仕上がるのだそう。

力を抜けない大切な工程です。

ktp_coaster_andom_015

ktp_coaster_andom_008

その後は、設計図に忠実に、またひとつひとつ、丸型に成形していきます。

ktp_coaster_andom_012

ktp_coaster_andom_011

仕上げにオイルをたっぷりと沁み込ませて、拭き取る最終作業へ。

ktp_coaster_andom_014

オイルを塗り終えたら、さらに十分に乾かして完成。
下準備を重ね、手間と時間をかけて、ようやく一枚のコースターが出来上がります。

 

動画を撮影しました!

ktp_coaster_andom_003▲真剣で美しい職人技に、見惚れるデザイナー佐藤と動画担当の塩川。

アトリエにお邪魔したときに思わず見惚れてしまった、職人さんの技術。

この感動をお伝えしたく、コースターづくりの様子を動画で撮影しました。
ぜひご覧ください。

開発から製作まで、ひとつひとつ時間をかけてこだわりを形にしたKURASHI&Trips PUBLISHINGのコースター。
日々の暮らしの定番として、永くご愛用いただけるアイテムとなりますように。

コースターの魅力は、商品ページでもたっぷり綴っています。
ご覧いただけたら嬉しいです。

◎KURASHI&Trips PUBLISHING コースター
商品ページはこちら↓

ktp_coaster_L_160106


本日の編集部recommends!

スタッフの家ごはん
暮らしが変わって、食事にも変化はあった? スタッフ2名の「ごはん事情」【SPONSORED】

小物でたのしむ、冬の装い
はじめてさんにも取り入れやすいお洒落な「はらまき」など、あったかアイテムが入荷中です!

残りわずかのアイテムたち
ストラップ付きスカートや、ポケットショールのブルーなどが在庫わずかとなりました!

【動画】わたしの朝習慣
美味しい卵とコーヒーを欠かさずに。職場も同じ双子の姉との暮らし

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像