編集チームの、くらしごと。

2017年2月23日(木)

【スタッフコラム】炊飯器でかんたん。米こうじで作る、はじめての甘酒。

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

edcm_niho_170223002

旅のおわりは悲しい。

いつもなら鬱陶しいはずの車渋滞ですら、帰るときはホッとするくらい 「おわり」 を見たくないという思い。これは、大人になっても子どもの頃のまま、なにも変わりません。

だから旅先では、必ずお土産を買って帰ります。

いつもの日常へ戻っても旅の余韻がつづくように、せめてもの 「おたのしみ」を用意しておくのです。

 

山梨から持ち帰ったのは「米こうじ」。

edcm_niho_170223004

先日、山梨に1泊2日のプチ旅行へ行ってきました。

そのときに 「おたのしみ」 として持ち帰ったのが 、甲府市にある創業150年の老舗味噌屋「五味醤油」さんの米こうじ。

店内で試飲させてもらった生甘酒がとびきり美味しくて、販売していないのか尋ねたところ 「自宅でも簡単に作れますよ〜」 とのこと。

酒粕の甘酒は作ったことがありましたが、米こうじは初めて。

作り方も丁寧に教えていただいたので、どんと1kgの大袋で購入しました。

 

炊飯器の保温機能で、甘酒づくり。

edcm_niho_170223001

このコラムを書くにあたって、五味醤油さんからレシピの紹介も快諾いただきました。

いくつか教えていただいたのですが、私は一番手軽そうな 「炊飯器」 を使った方法をチョイス。

その作り方は・・・

揉みほぐした米こうじ(200g) と65度のお湯 (400ml) を炊飯器に入れて、よく混ぜます。その後、炊飯器を「保温」 に設定し、ふたは開けたまま、ぬらした布巾で覆い5〜6時間保温。途中かき混ぜながら様子を確認し、こうじの芯がなくなって甘みを感じたら出来上がり!冷蔵庫で5日ほど保存できます。

お店の方によると 「米こうじと水だけで作れるレシピはなかなかないので、おすすめです」 とのこと。

初心者の私でも簡単にできて、素朴な甘さがくせになる手作り甘酒。ぜひ試してみてくださいね。

edcm_niho_170223005▲朝飲むと、なんとなく頭がスッキリするような気がします。

出来上がったあと冷凍すれば、さわやかな甘酒アイスにもなるのだとか。

冷凍する間もなく毎朝ゴクゴク飲んでしまうのですが、今度はアイスにしてみようと思います。

ちなみに五味醤油さんがレジでくれたレシピメモには、甘酒のほか、「塩こうじ」 や  「しょうゆ麦こうじ」 などの作り方も。

edcm_niho_170223006

この週末は、せっかくだから塩こうじも手作りしてみよう。そうそう、甘酒もまた仕込まなきゃ。

そんなことを考えているうちに、旅の 「おわり」 の寂しさは、もうすっかり吹き飛んでしまいました。

「五味醤油」
住所:山梨県甲府市城東1-15-10
定休日:日曜、祝日(お盆、年末年始)
営業時間:10:00~18:00
ウェブサイト:http://yamagomiso.com/


本日の編集部recommends!

当店でもいよいよ発売スタート!
開店10周年を記念して、店長の初の書籍ができました。

BRAND NOTE
食パンはまだまだ楽しめる!「厚さ」で変わるアレンジレシピ。

10周年キャンペーン
数量限定「当店オリジナルの手帳」をご注文者さま全てにプレゼント!


COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像