【スタッフコラム】母の味、ふるさとの味「おにまんじゅう」

お客様係 今野 お客様係 今野

ふるさとから、旬のお知らせ

実家の畑は、これでもか!というほどに一気に同じものが育ちます。

子供の頃は、その様子が「旬」の合図でした。

離れて暮らすいまは、実家から届くダンボールの中身がその合図になっています。

当時、毎日毎日どっさりのほうれん草や、にんじんの山を見て「もういらない!」と……うんざりしていた日もあったなぁと、時折、懐かしく思い出します。

そして、そんな子供心を当然お見通しの母は、採れたて野菜をおやつに変身させてくれていました。

秋から冬にかけて、よく作ってくれたのが、にんじんケーキに、スイートポテト、おにまんじゅう。

 

慣れ親しんだ母の味「おにまんじゅう」

▲実家から届いたさつまいもは、新聞紙で包んで保管していました。こうしておくと、甘みが増すのだそう。

そういえば「おにまんじゅう」って、自分で作ったことがなかったかも。

このおやつが、地域特有のものと知ったのは、まだ数年前のこと。愛知県を中心に東海地区で食べられるものだと、テレビ番組で紹介されていました。

さつまいもの角切りが、表面にごつごつ出ている様子が「鬼」のようだから「おにまんじゅう」と呼ばれるようです。

上京前には秋冬の定番おやつだったけれど、東京では見かけたこともなく。しばらく食べていないことに気づいて、この冬、作ってみました。

材料もレシピも、いたってシンプル。

たっぷりのさつまいもに、小麦粉、砂糖、水、塩少々。ここに片栗粉をすこし加えて、ねっとり感を出すのが、母のレシピ。

さらに、砂糖を控えめに、素材の甘さを活かして私流にアレンジしました。

すべての材料をよく混ぜ合わせて、20分ほど蒸したら出来上がり!

出来立てをひとくちほおぼると、ねっとりほくほくの食感。

じーんわり甘い、素朴な味に癒されました。

▲ひとつずつラップで包んで冷凍しておくと、小腹が空いたときにぴったりのおやつなんです。

そういえば、翌日以降の温め直したおにまんじゅうに、バターをつけて食べるのが好きだったなぁ。

そんな食べ合わせも思い出して、懐かしく味わいました。

作ったのは初めてだったけれど、慣れ親しんだ母の味に、ずいぶんそっくりなものができた気がします。

母が作ってくれたおやつや料理の数々、今年はもっと挑戦してみよう。舌の記憶を頼りに!


本日の編集部recommends!

Buyer’s selection | 春のおでかけ編
春のおしゃれに欲しいもの

最新の再入荷
スニーカーみたいに履けるシューズが全サイズ揃いました!これからの季節にぴったりのDANSKバブルコンフェティも再入荷です♪

新作公開中!
オリジナル短編ドラマ『青葉家のテーブル』第3話が公開中です♪

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像