【スタッフコラム】はじめての習い事に思うこと。

商品プランナー 中居 商品プランナー 中居


昨年末から、息子がスイミングスクールに通い始めました。

本人がやりたいというので始めたはずが、体験レッスンから通い出しまで期間が空いてしまったこと、年末年始休みを挟んだこともあって、彼のやる気は泡のように消えてしまい……(涙)

毎回いやだ〜〜と駄々をこねる息子。前半30分はふてくされて水に浮いているだけの息子。

周囲に合わせることもせず、先生の誘いにも頑なで、見ているこっちがやきもきしてしまいます。

間近で見学していたら確実に「ちゃんとやりなさーい!」と言ってしまうのですが、離れた場所にいるのもあり、毎回ぐっとこらえて見守る日々です。

自他ともに認めるおせっかいで、あれこれ言いたくなってしまう私。自分自身にとっても修行のような時間なのです。

 

見守ることで、わかってきたこと

ところが、声をかけずにじっと見守り続けてわかってきたことがあります。

それは後半にいくにしたがって、頑なな気持ちがほどけ、やる気スイッチが入る瞬間が必ず訪れるということ。

はじめは渋々だったのに、順番が来ると自ら飛び込み、水に顔をつけて……と、だんだん調子が出てきます。

親と離れる怖さや緊張はきっと抱いたまま。でも、「これはうまくできた、楽しくなってきたぞ。」と気づくのか、動きが変わる瞬間が見て取れるんです。

そんな姿を見ていると、とにかくやる気が生まれるまで「待つこと」の大切さを感じます。

考えてみたら、私だって無理強いされたら途端にやる気が出なくなるタイプ。

自分でやろうと決めてかかったほうが、試行錯誤しながら挑戦できる。失敗したら素直に反省もできる。

誰かにお尻を叩かれて取り組むのとでは、心持ちが全然ちがいます。

きっかけは外からやってきたとしても、結局腹を決めて行動するのは自分自身だから。あれやこれやと指図をしたって、あまりいい効果はなさそうだな。

求められたとき適切に手を差し伸べられるよう備えるくらいで、あとは見守って待つ、に尽きるのかなと最近は思うようになりました。

▲ワニさんのタオルも何とか気に入ってもらえたようです

小一時間が経ち、レッスンが終わって戻ってきたときの、自信がみなぎる顔。自分で乗り越えたゆえの表情でしょう。

私も喉元まで出かかっていた小言はぜんぶ忘れ、大げさに褒めたたえ、ご褒美としてジュースやアイスを買い与えてしまいます(この日くらいはよし)。

そして、「私もよくこらえたぞ」ということで一口もらいます。親も育てられています。

さて、今週末も「見守る……見守る……」と呪文のように唱えながら、息子と一緒にがんばりたいと思います。


本日の編集部recommends!

5秒で変わる?スキンケア
そばかすだって活かしたい。よしいちひろさんと考える、毎日のスキンケア[SPONSORED]

お家見直しアイテム集めました!
インテリアに馴染むおしゃれな収納アイテムなど、たくさん揃ってます!

【お知らせ】まもなく終了です!
期間限定!LINEスタンプを無料プレゼント中です。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像