【スタッフの愛用品】嬉しいポイントがたくさん!morinokiのパン切りナイフ。

お客様係 西野 お客様係 西野

nishino_aiyou_morinoki_1

週末、我が家はいくつか買ったパンをそれぞれ半分ずつ切って、数種類をちょこちょこ食べることが多いです。

そのときにいつも欲しいなと思っていたのがパン切りナイフ。

というのも、我が家はパン切りナイフがなく、三徳包丁で切っていたんです。

それでも切れるけど、やっぱりパンが潰れたり、ポロポロとパン屑が落ちてしまって、食卓に並べる前になんとなく残念な気分になっていました。

刃の細かさが違う理由。

aiyou_morinoki_n3▲右側は細かい刃で固いパン用、真ん中から左は柔らかいパン用です。

そこで選んだのがmorinokiのパン切りナイフ

このパン切りナイフにした決め手は、何と言っても長い刃の部分が「固いパン用」と「柔らかいパン用」と2種類あり、使い分けできる優秀さ!

そして刃の部分にある小さな木のデザインと、持ち手の無垢の木の温かみにグッときたんです。持ってみるととても握りやすいのも嬉しい。

きっと長く付き合っていけそうな道具だと思いました。

パンにはやっぱり専用の包丁がいい。

nishino_aiyou_morinoki_5

実際に使ってみると、こんなにも軽くキレイな断面に切れるんだー!と驚くばかり。

カンパーニュでもパンオショコラのような幾重にも層になっているものも、とってもキレイに切れます。

パンの固さに応じて刃の部分をかえて切ってみたのですが、固いパンを切った時は、小刻みにナイフを動かせばしっかりパン生地を捉えて切れるし、柔らかいパンは形を崩さずに、きれいに切ることができましたよ。

プレゼントに贈りたい!

nishino_aiyou_morinoki_2

実はもうひとつご紹介したいポイントがあります。それは、このかわいいデザインのパッケージ!

至る部分で嬉しいポイントが多いこのパン切りナイフ、贈り物にしてもきっと喜ばれると思います。

我が家には週末の朝にはかかせない、定番道具になってくれました。

今日紹介した愛用品

morinoki/パン切りナイフ


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
毎年人気のアンキャシェットのボーダー日傘が今年も再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像