【ドジの哲学】忘れたことさえ、忘れてしまって

文筆家 大平一枝

170310_干し忘れ


ドジのレポート その16
干し忘れ


 
 もの忘れのひどさを年のせいにして、反省をしない癖がついた。開き直ってはまずいと思いながら、やがて忘れて困った体験さえも忘れていく。いよいよ自分でも、これではいけないと、なんでもスマホのメモ機能に記録するようになった。
 今日も、郵便局に行くついでに買うものをスマホにメモした。電球、ティッシュペーパー、シール付きフック。その前に、昨日研ぎに出した包丁をピックアップせねば。で、包丁は受け取ったが、郵便局の帰りに知り合いと会い、おしゃべりしながら帰ったら、買い物を全部忘れた。そして家に帰ると、スマホがあった。そもそもメモしたスマホを家に忘れていたのである。いくらなんでもと、自分に呆れた。

 そして、私は、今現在、最大の忘れ物を誰にも言っていない。梅雨どきに塩漬けした梅を干していないのだ。昨年の7月に漬け終わったころ、たまたま3日連続の晴天がなく、干すタイミングを逸したまま、梅は冷蔵庫の奧にある。これは冷蔵庫を開けると気づくので、忘れたわけではない。正確に記すなら、「干し忘れたこと」は、忘れていない。
 なんとかしなくてはと思っているうちに、とうとう年が明けてしまい、自己嫌悪に陥っている。

 と、ある日、著名な有機農家の方を取材すると、「じつは梅を干してなくて……。まだ間に合いますかね」とおっしゃるではないか。おまけに「去年の7月のはじめって、3日間晴れた日が少なくなかったですか?」と。
 そうそう!じつはうちもそうなんですと、初めて人様に情けない秘密を打ち明けた。どれほど心が楽になったことか。食のプロでもそんなことがあるのだなとほっとした。その帰りの足取りの軽かったことといったら。
 そしてまた、反省をしないという悪循環に……。
 今月は干します!(宣言)

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。大量生産・大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに、女性誌、書籍を中心に各紙に執筆。『天然生活』『暮しの手帖別冊 暮らしのヒント集』等。近著に『東京の台所』(平凡社)、『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ』(誠文堂新光社)などがある。
プライベートでは長男(21歳)と長女(17歳)の、ふたりの子を持つ母。

▼大平さんの週末エッセイvol.1
「新米母は各駅停車で、だんだん本物の母になっていく。」

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

なりたい髪に
白髪染めのダメージやパサつきがあっても。セレクトショップ店主・大坂さんの、自分に合うシャンプー選び [SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

花との暮らし、はじめよう
チューリップやミモザなど、お花が楽しい季節に向けて。当店のフラワーベースを集めました。

【動画】しあわせな朝食ダイアリー
朝ごはんに取り入れて無理なく続ける発酵メニュー(料理家/発酵マイスター・榎本美沙さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像