【スタッフコラム】35才を過ぎてから、再び試着が得意になりました。

編集スタッフ 青木

DF1_5757 のコピー

高校生の頃、放課後の楽しみと言えば、たくさんのファッションアイテムを見て回ることでした。

珍しい形の服や綺麗なテキスタイル、手のこんだ刺繍、丁寧な縫製などにいつも感動しっぱなしで、どれだけ見ても見飽きることなく、試着するのも大好きでした。

20代になってからも洋服は好きなまま。けれど20代後半、お店に足を運ぶのが苦手になってしまったんです。ウィンドーショッピングだけでもあんなに楽しかったのにです。

どうしたものかと腕組みしている間に、買い物の時間は必要な用事をすませるだけの味気ないものになっていました。

買い物にワクワクしなくても暮らしは普通に回ってゆきますし、小さな子供を連れての買い物が物理的に難しいからだと、あまり気にしていませんでした、

けれど、今振り返ってみればこんな理由もあったのでは?と思います。

1.自分に似合う洋服が分からなくなったこと。
2.同年代のオシャレなスタッフさんへの気後れ。
3.完全に似合ってない!と分かってしまった服で試着室から登場した時の恥ずかしさ。

などでしょうか。

ところがです。35才になったあたりから、そういう苦手意識や、自意識からちょっとだけ自由になった気がしたんです。

それはちょうど「あれ?体重ふえてる」と気がついちゃった時でもありました。

そのこと自体が確かなきっかけではないかもしれないのですが、どんな服を着るかを切実に考えはじめたことで、お店に足を運びやすくなり、洋服と接しやすくなったのは確かなこと。

そしてやっぱり「買い物の時はワクワクしていたい!」と強く思ったんです。

洋服を選ぶ時に念頭にあったキーワードも「おしゃれ、着やせ、今っぽい」から、「しっくり、似合う、年相応、ワクワクする」などに切り替わり、似合ってないなーと思う時も試着室からドーンと出られるように。

その結果「この部分がちょっと気になるんです〜」と店員さんに相談しやすくなり、いい提案をありがたく受け取れるようにもなり、お買い物の時間そのものが、ぐんぐん楽しくなっていったのでした。

一時は苦手になったけど、再び楽しいと思えたことが単純に嬉しくて、高校生の頃の自分と手と手を取り合えたような肯定的な気持ちになりました。

もし再び洋服選びで迷子になることがあっても、その時こそどんどん試し、自分にフィットする洋服選びを楽しみたいなと思いました。

DF1_5741 のコピー


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】あそびに行きたい家
少しずつ憧れのインテリアに。無印リノベ物件に住む、アンティーク好き夫婦の部屋づくり(動画クリエイター・nidones / mioさん yuさん宅)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像