編集チームの、くらしごと。

2017年8月10日(木)

【スタッフコラム】虫と夏と私。

編集スタッフ 青木 編集スタッフ 青木

毎日せっせとセミが鳴いていますね。夏らしさを猛烈に感じる一方で、セミがすぐそこにいる事実におびえながら過ごしています。

そう、虫があまり得意ではないんです。なのに夏の思い出には、虫とのどっきりエピソードがつきもの。。

外干ししていた洗濯ものと一緒にセミを取り込んでしまったり、読書灯を頼りに本を読んでたら、小さい虫が集まってきて「もう!」ってなったり。

どこへ飛んでゆくのか、想定の範疇を越えたトリッキーな動きや、羽ばたくときの乾いた羽音も怖くてたまりません。

そんな私にとって、動物園の中にある「昆虫館」はお化け屋敷と同じ。(昆虫館は、文字通り “昆虫のやかた” 。虫好きさんの楽園です。)

どんなドッキリが待っているのかわからない場所に、わざわざ足を踏み入れるなんて、、、考えただけでもキャー!です。なので、入ったことありませんでした。

けれど動物園へ出かけたある日、息子が昆虫館を発見してしまったのをきっかけに、入館することになったのです。

地面にいる虫に注意を払いつつ、飛んでいる虫にぶつからないようにゆっくり歩き、葉にしがみついて眠る幼虫にも触れないように。もう忍者になれそうってくらい注意を払って進みます。

けれど落ち着いて周りを見渡せば、館内は広く、ガラス張りの天井はどこまでも高く、思いがけず気持ちのいい空間でした。

花も色とりどりに咲いてて、5月くらいの過ごしやすい室温に保たれ、様々な種類のちょうちょがパタパタ飛んでいます。

「あれれ?思ってたより怖くない」

これは私の思い込みかもしれませんが、館内の虫たちは外で出会う虫や、家の中で見る虫とは違って見えました。なんか、穏やかな感じがしたんですよね。

飼育委員さんにきちんと躾られているのでは?と思えるくらいのおだやかさ。

だからなのか、こんな私でも比較的落ち着いて虫を眺めることができました。同じ事が家でおきたら間違いなく大騒ぎだったはず。

「ここには虫がわんさかいる」と心に留めておいたのも功を奏したのでしょうか。

もしも虫が苦手じゃなかったら、世界はもっと生きやすく、夏も今より楽しめたかもしれない。そう思わずにいられません。


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
スターバックス社員に聞く! 家庭用ドリップコーヒーをおいしく淹れるには?

本日の再入荷
スタッフにも人気♪旬のいちじくを贅沢に使った秋にぴったりのジャム、再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像