【店長コラム】その「あとちょっと」がどうしてもできない。

店長 佐藤

家族は「はいはい、友子ってそうだよね」とみんな知っている子どもの頃からどうしても直せない習性があります。

それは「どうして、そのあとちょっとができないの?」という残念な習性。

子どもの頃にそれが顕著に現れていたのは、箪笥の引き出しでした。

その「あとちょっと」ができないがゆえ、どの引き出しもほんのちょっとずつ最後まで閉められないのです。

家族は、代わりにその引き出しを閉めながら「どうして、あとは指で軽くひと押しで済むところなのに、それができないの?」と半笑いで怒っていました。

さて、あれから、長い長い年月が経ちました。

ひとり暮らしをしたり、家庭をもったりする過程で、ほかの誰かがわたしの代わりに「あとちょっと」をフォローしてくれることがなくなったので、わたしは「あとちょっと病」を克服し、すっかりちゃんとした大人になれた気でいました。

ところがです。

毎日毎日仕事で握っているマウスを見て、はたと気づいてしまったのです。

「あとちょっと病」、全然治ってないやーん!と。

冒頭の写真のマウス。もうかれこれ何年使っているでしょうか。

特に握り心地が気に入っているというわけでもないのですが、数年前に電池カバーが壊れてテープでとめていないと自然にふんわり開いてしまう状態になりました。

であれば、amazonなどでポチッとして、すぐに買い替えればいいのです。

ただそれだけで済むというのに、わたしはその「マウスを新しいものに買い替える」という「あとちょっと」ができず、電池が切れるたびに新しい電池を入れたあとセロテープでとめて、またそこから約半年を気を抜いて過ごしています。

セロテープを貼り替えるくらいなら、さくっと買い替えればいいのに。自分でも意味不明だなぁと思います。

ちなみにその他のネットショッピングは元気にしていたりもして、自分のなかでの優先度の高低でのスイッチの入れ方・切り方にあらためて驚きます。

そういえば、子どもの頃も、箪笥の引き出しは閉められないのに、自分の髪の毛のハネはコテを使って、これでもかっていうくらいに丁寧に直して学校へ行っていました。

そっちはできて、こっちはちょっとで済むのにできないというところが、今回のマウスの現象もとてもよく似ていて、昔からの名残を感じました。

人間て、その人なりに、神経質な部分と人から疑われるくらい全然そうじゃない部分との両方で生きるバランスをとっているのかもしれませんね。

わたしのなかなか治る気配を見せない「あとちょっと病」も、きっとバランスをとるためなんだと思いたいです。

 

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】しあわせな朝食ダイヤリー
午後へのパワーチャージ。1日2食に見直した『いたわりブランチ』(イラストレーター・柿崎こうこさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像