【今日のクラシコム】ランチで味わう故郷の味。エンジニア濱崎と山口県のご当地グルメ「瓦そば」

編集スタッフ 塩川

とあるクラシコムのお昼どき。「ジュ〜、ジュ〜」と、美味しそうな炒めものの音と匂いが、キッチンからやってきます。

それらにつられて向かってみると、キッチンには編集スタッフの奥村(写真左)とエンジニアの濱崎(写真右)がいました。

どうやら濱崎が故郷・山口県のご当地グルメ「瓦そば」を作っているようです。

めずらしい料理に、食いしん坊スタッフの奥村は興味津々! 本日はそんなふたりのランチタイムに密着してみました。

▲瓦そばの麺は「茶そば」なのだとか。これも珍しいですね。

 

瓦にのせるから『瓦そば』。今日はティーマにのせて

こちらが完成した瓦そば。具がたっぷりでとても美味しそう!

盛り付けられた姿は、キャラクターのような愛嬌のある見た目で、インパクトがあります。

どんな料理なのでしょう? さっそく濱崎に聞いてみました。

エンジニア 濱崎:
「瓦そばの具材は、錦糸卵と細切りの牛肉です。

お昼休みに具も炒めると時間がかかってしまうので、今日は自宅から持ってきました。お肉は豚肉にして、ちょっと節約しています(笑)。

あとは茹でた茶そばをフライパンや鉄板で炒めて、具材を盛り付け、最後にレモンをのせます。

本来なら海苔やもみじおろしもトッピングに加えるのですが、今日はこれも省略しました。

めんつゆはちょっぴり甘め。レモンを加えて味の変化を楽しみます。

本場だとアツアツの『瓦』の上にのせて出すんですよ」

編集スタッフ 奥村:
「だから『瓦そば』なんですね〜。納得しました。それにしても美味しそう。作り慣れていますね」

エンジニア濱崎:
「山口の実家から定期的に送られてくるので、よく作っています。

実は浪人時代に、山口の老舗瓦そば屋さんで、アルバイトをしていたこともあるんですよ」

編集スタッフ 奥村:
「なんと! それは絶対食べてみたいです。今度作ってください〜」

エンジニア 濱崎:
「でも、ホールのバイトだったので、瓦そばを運んでいただけなんですけどね」

▲「瓦が重くて、けっこう体力仕事なんですよ〜」と語る濱崎

「運ぶほうかい!」と全員からツッコミが飛んだのは、言うまでもありません。

故郷の料理は会話が広がり弾むうえに、人となりが知れるのもいいですね。

師走の慌ただしい日々の中、なんともほのぼのとしたランチタイムとなりました。

▲おまけの一コマ:実は濱崎のセーターは「鴨柄」。毎年お客さまにもスタッフにも密かに人気のセーターです。「ちょっと〜!着てるやないですか〜!」とやってきた事業開発グループの高山(大阪出身)が、鴨セーターを拝んでいるところをパシャり。ご利益があるのかどうかは不明です。

 

▼今日のクラシコム一覧はこちら
kyo_kurashicom_bnr


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像