【スタッフコラム】魚レシピのハードルを下げてくれたもの。

お客様係 西野

▲渋めのものから、ちょっとおしゃれなものまで。我が家は3つくらいストックしています。

理想の夜ごはんは、肉と魚、1日ずつ交互にしたい。

ついでに翌日のお弁当分ぐらいのおかずを残せたら花マル。

でも毎日は頑張らなくて、ちょっと疲れている水曜日あたりは丼ものやカレーなどにして簡単に済ませて乗り切りながら、たまの贅沢に外食したい。

この理想は割と長い間自分の中に根付いているのですが、もちろん理想どおりにいきません。

実際はきっと、7割くらい肉になっているんじゃないかと思います。

なぜか?それは好みが肉派・魚派というわけではなくて、自分の魚レシピのレパートリーが少ないから。これに尽きます。

普段我が家の食卓に出る魚のメニューといえば、ホイル焼きや揚げ焼きにして南蛮漬けにしたもの、いわしのひらきが安い日には蒲焼きなんかにも。

そして一番多いのが、恥ずかしながらお皿に移し替えるだけのお刺身です…。シンプルな焼き魚も好きですが、家族の反応がイマイチだったことがあり、そこまで登場しなくなった結果、ついにわたしのレパートリーが尽きてしまいました。

いざ他のレシピも作ってみるかとスーパーの鮮魚コーナーを見てみても、なんだか作るのが難しそうで、結局いつものレシピに戻るなんてことも多々。魚をちゃちゃっとさばけたらな〜と思うのですが、うーん、そんな日が来るのでしょうか…。

▲最近買った料理本。自分にぴったりだ!と思わずにいられませんでした。

そんなとき、ふとスーパーで「缶詰」の存在に気づいたんです。手頃な価格で売っているし、日持ちもする。ほとんど包丁も不要で気軽に作れ、そして栄養価も◎

こんな主婦の味方のような存在になぜ気づかなかったんだろう!思い起こせば、缶詰=ツナのイメージが強すぎたせいか、わたしはスーパーの缶詰コーナーにはあまり行かなかったな、と気づきました。

いつものカレーに鯖の水煮を入れるだけで、すっごく新鮮なものになるし、味付けがしっかりしているものは、葉ものと和えるだけでも十分おいしい。メインにもなるけれど、サブおかずも充実させてくれる気がします。グラタンとかも作ってみたいなぁ。

「魚」といっても、必ずしも鮮魚コーナーで食材を探す必要はないんですね〜。先入観が取っ払われた、缶詰という存在。

ここ最近は買い物するときにフラーっと缶詰コーナーを見るようになりました。無理せず楽しみながらレパートリーを増やせたらいいなと思います。さばけるようになるのは、まだまだ先になりそうですけどね。


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像