【スタッフコラム】どんな仕事も、具体→抽象化→具体で、考えてみる。

編集スタッフ 津田

仕事の悩みって、尽きません。

最近は「どうやって考えるか」について、もやもやと考えています。

たとえば商品の撮影をするのも、企画書をまとめるのも、あるいは新しいプロジェクトを進めるのも、まず「考えて」から「手を動かす」ことがほとんど。

でも目の前の作業に追われていると、考えるための時間が捻出できない……。じゃあ「考え方」を定型化してみたらどうだろう、というワケです。

 

企画を練るための3ステップ

編集チームでは、月に1回くらいのペースで企画会議をしています。

マネージャーである私の役割は、集まった企画を「さらに面白くするには?」という視点でチェックすること。

そのときは、こんなふうに考えています。

(1)気づく
自分が気になる企画を選びます。面白そう!というシンプルな直感もあれば、もう少し練ってみたい、という場合もあります。

(2)深掘りする
企画した本人にインタビューするつもりで、その企画を思いついたときのことを、たくさん聞きます。友だちと話してて、とか、美容室でこんなことがあって、とか。

話を聞いてから、私はこんなときに似たようなこと感じたかも?、こんなふうに誰かに言ってもらえたら救われるかも?など、投げかけてみます。

最終的には、企画したスタッフと私の両者が共感できる類似点を探ります。

(3)アイデアを練る
ステップ2で見つけた「共感できる類似点」が、企画の芯になります。それを表現するためのタイトルや構成、写真などのテイストを検討します。

 

どんな仕事も、具体→抽象化→具体で考えてみる

あらためて自分なりの考え方を振り返ってみたら、この3ステップを踏んでいることが多いと気がつきました。

企画は「気づく→深掘りする→アイデアを練る」。これは「具体→抽象化→具体で考えてみる」と言い換えることもできそうです。

たとえば、
・アドバイス → 咀嚼する → やってみる
・インプット → 考える → アウトプット
・新しい仕事 → 共通点を探る → 仮説が立つ

アドバイスをもらったときなど、せっかちな性格なので、すぐに実践してみたくなるけれど、ひと呼吸おくのが肝心。「自分の頭で考える」のステップを踏んだほうが、より本質的な仕事ができるように思います。

 

これは「私らしさ」を生む、方程式かもしれない

この3ステップに気づくきっかけは、スタッフ筒井との雑談でした。

仕事帰り、中央線にゆられながら、話の流れで「津田さんは、具体的なものから『類推』して、仮説を立てるタイプですね」と言われたのが、とても印象に残っていて。

「なるほど、自分はそうやって考えるのがクセなのか〜」と意識した出来事でした。

それまでは正直に告白すれば、編集者として、他のどこにもない斬新なアイデアを思いつかなければ!と、焦りがありました。

でも残念ながら、知識も経験もまだまだな私から「他のどこにもない斬新なアイデア」なんて、なかなか生まれません。

ならば、真似ていい。

何から学ぶか、どう共通点を探るか、それをどんなカタチに仕上げるか。

その「真似るセンス(=考え方)」こそが、いつか私らしさに繋がると信じています。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像