【金曜エッセイ】“打ち明け話”に思うこと

文筆家 大平一枝


第三十四話:“打ち明け話”に思うこと


 

 言葉に対して繊細な感覚を持つ友達が、かつて教えてくれた。
「私ね、人から打ち明け話や相談をされたとき、絶対言わないようにしようと思っている言葉があるんだ。それは、“人それぞれ、人生いろいろだよね”と、“難しい問題だよね”のふたつ」
 何の気なしに私もつい口にしている気がして、はっとした。

 どんなに真剣に話しても、これを言われたら終わってしまう。とても都合のいいまとめの一言で、いかにもその人の身になっているようで、じつはなんの解決も、励ましにさえもなっていない。

 育児、夫婦、人間関係。複雑な話ほど、簡単に他人に進言できないもの。だからといって「いろいろだよね」と濁すのではなく、相談されたからには、自分なりの意見や考えを伝えよう。それができないなら、相談ごとにのるべきじゃないと思うんだよね、と前述の彼女は語った。
 本当にそのとおりだと、深く共感した。

 新米母の頃の悩みは、子どもが勉強ができないだの、夫が家事を手伝わないだの、育児や家族の身近な問題が多かった。だが今、私の周囲では病気や介護、親しい人を亡くしたり、定年や、ときには離婚など、人の生死や離別にかかわる事柄が増えてきて、悩みも深く多様化し始めている。

 相談ごとは、自分を必要とされていると感じられ、悪い気はしないものだが、最近、そういう場面で振り返って自分を点検をする。最後まで、心に寄り添えているか。私に話すことでその人が本当に楽になれているか。
“親身になる”とは、無責任とは正反対の、とても高度で丁寧な人付き合いの術(すべ)である。もしも、意を決した打ち明け話に対して、その場限りの耳あたりのいい言葉しか添えられそうになかったら、中途半端に聞くことはすまい。

 歳を重ねるごとに、本当の優しさとはなにか、自問自答は深まるばかりだ。人生の途中で立ち止まり、ふと思い出した友達の禁句の話は、その問いを解く小さな手がかりになっている──。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。『天然生活』『dancyu』『幻冬舎PLUS』等に執筆。近著に『届かなかった手紙』(角川書店)、『男と女の台所』(平凡社)など。朝日新聞デジタル&Wで『東京の台所』連載中。一男(23歳)一女(19歳)の母。

▼本連載の過去記事はこちら

連載のご感想や、みなさんの「忘れもの」について、どうぞお便りをお寄せください。

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
当たり前を、見直してみる。「ちいさいモノ選び」はじめませんか?

最新の再入荷
あの人気のアクセサリーが揃いました!loviの白樺ツリーやGrannasのダーラナホースなど北欧のオブジェも再入荷です♪

新作公開中!
オリジナル短編ドラマ『青葉家のテーブル』第3話が公開中です♪

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像