【スタッフコラム】「できない」から、全てはじまった

編集スタッフ 小林

仕事帰りに、ふらりと立ち寄る店があります。

家の近くにある、こじんまりとしたワインバーで、店主とその日担当のアルバイトさんの2名で切り盛りしている、L字型のカウンターが印象的なお店。

そこは食事もワインも美味しくて、その日あったことをぼんやり振り返りながら、1杯、2杯と、ついついお酒がすすんでしまうような、私にとっての癒しの場所です。

4月になってはじめて、そのお店にいったときのこと。

お店に入り、いつも通りカウンター席に座ると、見慣れない顔が。どうやらその日が初出勤のアルバイトさんのよう。

「そうか、世の中的には新人さんが入ってくるような時期なんだなぁ」なんて思いつつ、店主にいろいろと教えてもらいながら一生懸命働く彼女の姿に、目が釘付けに。

私は前職で飲食店の店長をしていたので、なんだかすごく懐かしい光景に思えたのです。

そんな笑顔が初々しい彼女に早速白ワインをお願いして、しばし待っていると、私が頼んだワインを彼女に抜栓してもらうことになりました。

慣れない手つきで、一生懸命ワインをあけようとしているけれど、なかなかあけられず、苦戦する彼女。そんな姿に微笑ましくなって、つい差し出がましくも、アドバイスをしてしまう私。

「キャップシールは指で剥こうとするんじゃなくて、切れ目に刃を引っ掛けてそのまま剥がすと上手にできるよ」

「スクリューは中心に、垂直になるように刺すといいよ」

その後もワインボトルと格闘する彼女。店主や他のお客さんもその様子に、「テコの原理を使うんだよ」なんてアドバイスをしながら、横目で見守ります。

その光景を見ながらふと、思ったんです。わたしも「できない」から全部がはじまったなぁと。

ワインだって、1人であけられなかった。はじめて包丁で万能ネギを切ったときは、とても大きなビーズのようになってしまった。アイロンかけで服を焦がしたこともある。

だけどそれらもひとつひとつ、誰かに教わったり、本を読んだり。日々を積み重ねて、いろんなことができるようになった。

いい大人になっても未だに「できない」ばかりで途方に暮れ、自分って才能ないなぁ、と落ち込むこともある。

だけど、今ではワインもあけられるし、ネギも細かく刻めるし、アイロンをかけることも、写真をとることも、誰かの相談にのることも、完璧とはいかないまでもできるようになった。

きっとこれからも、「できない」ことは「できる」ことになって、まだまだ増えていくだろう。たとえうまくいかない日々が続いても、そう希望をもって、「できる」ようになった今までの自分を信じて、年齢を重ねていく他ないのだろう。

そんなことをぼんやり考えながら、ようやく、彼女が初めて注いでくれたワインに、口をつけた。

それはとてもとても、美味しかったです。


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像