【BRAND NOTE】第3話:家族と、グリーンと、共に暮らすこと。(LIFEオーナー・相場正一郎さん)

編集スタッフ 奥村

住まいが変わらなくても、「住み心地」が変えられるなら

就職、結婚、出産。人生の節目で暮らしが変わるタイミングは、引越しや家を買うなど、住まいを替えるタイミングとも重なります。

でも、たとえ節目じゃなくても、わたしたちの思う心地いい暮らしは日々少しずつ変わっていくもの。

だからいつだって、今の自分や家族にフィットした場所で暮らしていたいと思うのです。

今回のBRAND NOTEでご一緒するのは、三井のリハウス。

三井のリハウスと聞くと、引っ越しを伴う住み替えをイメージする方が多いかもしれません。けれど今、リハウスという言葉が示すのは、住み替えだけではないといいます。

そこに込められているのは、住まいを変えずに暮らしを変える “暮らし替え” というメッセージ。

住まいは変わらなくても、自分や家族にフィットする形に暮らしは更新していける。そんな想いに共感して、今回のお取り組みが決まりました。

たとえばそんなきっかけのひとつが、暮らしにグリーンを取り入れる、「グリーンリハウス」だといいます。

そこで今回は、グリーンが身近にある3名の住まいを訪ね、グリーンリハウスの魅力を探りました。

第1話の店長佐藤、第2話の引田かおりさん夫妻に続き、最終話で訪れたのは、レストラン「LIFE」のオーナー・相場正一郎(あいば しょういちろう)さんの暮らしです。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

都心でグリーンを楽しむ、LIFE オーナー・相場さんの暮らし

▲相場正一郎さん(右)と、妻の千恵さん(左)

東京・代々木の「LIFE」をはじめ、全国に4店舗あるレストランのオーナーを務める相場さん。妻の千恵さんと2人の子供との4人暮らしです。

今のマンションに越したのは10年前。長男の誕生を機に家を探し、グリーンの多さに引かれて決めたといいます。

ベランダに並ぶのは、オリーブやウンベラータ、ガジュマルなどの背の高い木々。その奥には敷地内に植えられたグリーンも見え、思わず深呼吸したくなるほど緑豊かな空間です。

「うちのグリーンは、お店と同じ顔ぶれなんです」と相場さん。オーナーを務めるレストラン・LIFEにも自宅同様にグリーンを飾っていて、お店のグリーンの元気がなくなったら自宅へ、代わりに元気なものをお店へと、常に行き来させているそう。

だからでしょうか。はじめてお店を訪ねたときも、どこかアットホームな雰囲気が印象的でした。

▲大きなオリーブが店内の中心にある、LIFEの店内

 

グリーンと付き合うコツは、「待つ」こと

「このゴムの木、うちに来たときは僕の腰くらいの高さだったのに、ここまで大きくなったんです。あのガジュマルも、最初は小さな鉢植えでした」

自分の背丈を越すほどの、大きなグリーンたちを指して話す相場さん。どれもここに来てから5年10年と時間をかけて育ったものだといいます。鉢植えを、ここまで大きくするコツはあるのでしょうか?

相場さん:
「グリーンにとって心地いい空間は、自然に近い場所だと思います。だからわが家では、日当たりと風通しがいいベランダに置くこと。調子が悪い時に枝を詰めたり、大きくなったら鉢を植え替えたりするけれど、それ以外特別なことはしてないんです。

もちろん、はじめてグリーンを迎える時は、知識も大切だと思います。僕もよく花屋さんへ育て方を聞きに行っています。

でも、一番大事なのって気長に “待てる” ことなんじゃないかと思っています」

たとえば、ベランダで上階に届くほどひときわ元気に伸びていたこの木。昨年から元気をなくしていたけれど、葉と枝を詰め、様子を見守っていたら、今年の春に新しい葉が顔を出したといいます。

相場さん:
「グリーンにも、調子がいい時、悪い時、いろんな時期があるんですよね。だから元気のないときも、もうダメだと諦めるんじゃなく、 “お休みしている” って捉えています。

もちろん失敗した経験もあるけれど、長く付き合う中で、だんだんそのことがわかってきました」

 

ないよりも、ある方が、暮らしは気持ちよくなると思う

相場さんの暮らしにグリーンが加わったきっかけは、レストランを始めたこと。気持ちいい空間のアイデアを巡らせる中で、その魅力に気づいたそう。

相場さん:
「食事をしながらふと視線を向けた先に、グリーンがあるのとないのでは、あった方が気持ちいい。衣食住の空間に、グリーンはすごく相性がいいと感じたんです。

それ以来、新しい住まいを探すときも、新しい店舗を立ち上げるときも、その空間が『気持ちいい』かどうかをまず考えるようになりました」

レストランの名が「LIFE」であるように、相場さんにとっては、お店も自宅も同じ「暮らし」の一部。その空間にグリーンがあることは、今や欠かせない要素のようです。

 

家族との心地よい暮らしのコツも、シンプルなこと

そんな相場家は3年前から、山の家を作り二拠点生活を始めました。まとまった休みがとれる時は家族でそこへ行き、自然の中で過ごしています。

レストランのオーナーという顔だけでなく、家族との時間を大切にする父親としてのイメージも強い相場さん。家族との暮らしで意識していることを尋ねたら、それはシンプルなことでした。

相場さん:
「家族が心地よく暮らす秘けつは、なにも特別なことじゃなく、『一緒に過ごす時間の量』じゃないでしょうか。ただそばにいることが、一番のコミュニケーションだと僕は思っています。

とはいえ、長男はもうすぐ中学生。これから思春期に入ったら、いつでも一緒ということは難しくなるかもしれません。

だから今、一緒に過ごせる時間を少しでも大切にしたくて、二拠点で暮らすことを決めました。子供たちにとっても、都心とはまた違うたくさんのグリーンに触れる機会になっています」

▲別荘での暮らしは、たくさんの写真に残しているそう

家族が変化するにつれ、暮らしも変わっていく。変化は止められないけれど、今を心地いいものにすることならできる。

相場さんが家族との場として選んだ二拠点の、どちらにもグリーンがあることは、必然のことだったのかもしれません。

 

「早く大きくなれ」とは、思わない

「ここから、風に揺れる木々を眺めているのが好きなんです」気持ちいい風が吹き込むベランダに立ちながら、取材の最後に相場さんはこう言いました。

相場さん:
「グリーンと暮らすようになり、健やかに大きく育つ様子を見ていると、僕も元気をもらいます。

でも、『早く大きくなれ』って思ったことは、一度もないんですよ」

それはグリーンだけじゃなく、相場さんの暮らしや家族に対する眼差しにも通じているように感じました。そのスタンスは、グリーンをきっかけに暮らしを心地よいものにする、グリーンリハウスのひとつの形と言えそうです。

 

暮らしの数だけ、「リハウス」の形がある

今回、3名のグリーンのある暮らしを訪ねたわたし奥村。

ある時はインテリアを彩る存在に。またある時は、家族を癒すシンボルのような存在に。それが住まいに溶け込む形はさまざまで、「暮らし」の数だけグリーンリハウスの楽しみ方があることを知りました。

たとえば今日、グリーンを買ったなら。わたしはどこに、どんな風に置きたいだろう。それを見て、誰とどんな気持ちになりたいだろう。

それを想像してみることは、自分や家族が大切にしたい「暮らし」の軸を考えてみることでもあって。

ひとつの鉢植えだってきっかけになる。そう思うと、いまのわたしにもグリーンリハウスは始められそうな気がします。

 

スタッフも、グリーンリハウスを実践してみました

今回のお取り組みでは、三井のリハウスが運営するライフスタイルマガジン「Relife mode」でも、当店とコラボした読み物が掲載されています。

暮らしをグリーンで心地よくする「グリーンリハウス」のコツを知るため、当店のスタッフがつまずきがちな悩みをフラワーアーティストの前田有紀さんに相談し、解決法を教えてもらいました。

今回は、出産や育児でグリーンを育てるのを中断してしまったという編集スタッフ齋藤が、ベランダグリーンに再チャレンジ。

フラワーアーティストの前田有紀さんに、ベランダグリーンの意外な落とし穴や、気軽に楽しめるグリーンなどを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

みんなのリハウスは、三井のリハウスが運営するライフステージにあわせた情報を紹介しているサイトです。

【写真】佐々木孝憲


もくじ

profile_futura_lineblack

相場  正一郎

1975年、栃木県生まれ。2003年、東京・代々木八幡にイタリアンレストラン『LIFE』をオープン。オーナーシェフとして『LIFE』、参宮橋の姉妹店『LIFE son』をはじめ4店舗を運営しながら、多趣味を生かしたアウトドアのイベントを企画するなど、「衣・食・住」全般に目を向けた幅広い活躍が注目されている。近著に『30日のパスタ』(mille books)がある。http://www.s-life.jp/

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

MORE SALE!
ヌキテパのワンピースやルームウェアなどが新たに追加!人気アイテムもさらにお買い求めやすくなりました

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

【動画】新番組|北欧をひとさじ
ノルウェーの透き通るような青空を思い出す。桒原さんちの夏の習慣

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像