【お坊さんのお悩み相談室】第21回:同居している母との関係性に、モヤモヤしてしまいます。

編集スタッフ 岡本

家事や子育て、日々の仕事。私たちのくらしには、小さなことから大きなことまで「悩み」がつきものです。

「お坊さんに聞く、くらしのお悩み相談室」は、仕事や子育てなど、日々のモヤモヤを、お坊さんに答えていただく連載。 クラシコムのオフィスに「くらしのお悩み箱」なるものを設置し、スタッフのくらしの悩みを集めました。

お答えいただくのは、著書『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)なども人気の、浅草・湯島山緑泉寺 僧侶の青江覚峰さん。青江さん自身も、3児の父として、子育てにも奮闘中ということもあり、お坊さん目線、そしてひとりの親目線でお話ししていただきます。

母親と同居しているのですが、母と私は性格的に意見がかみ合わないことも多く、モヤモヤしています。そんな私の態度に母も同じような心情になっているようです。どうしたらお互い幸せに暮らせるでしょうか。(スタッフK)

母親と子ども。とりわけ子どもにとって母親は、生まれたときからぴったりいつも一緒にいた人です。でも全く別の存在、別の人間です。

物心ついてしばらくはまだしも、その後は別の人達に囲まれ、違う場所に住み、違う仕事をして生きていきます。そもそも子ども時代、青春時代、働き盛りを生きる時代が違います。価値観も生活スタイルも、何もかも違って当たり前ですよね。

さて、「諸行無常」という有名な言葉があります。すべてのものは移り行く。どんなものでも何も変わらないということは決してない、ということを教えている言葉です。

親も子どもも変わります。関係性も変わります。いつも自分を見守り、先回りし、察し、譲ってくれていた親を、自分はいつの間にか通り越しています。気がついたら自分のほうが頼られる存在になっている。その関係性の変化に、親も子どもも順応するのに時間がかかるのですね。

良くも悪くも、変化は避けられないものです。であれば、それでも心地よく暮らしていくためには、その変化を楽しむしかありません。あるいは、楽しめないまでも受容するしかありません。黙っていても変わっていく環境と違い、自分の気持ちを変えるには、すこしの努力が必要です。もちろん、そうとはわかっていても、簡単にはいかないからこそのお悩みなのでしょう。

一つ、いつでも心に留めておいて頂きたいのは、モヤモヤの原因はあくまでも人間関係だということ。うまくいかない原因はお母さんとあなたの「関係性」なのです。決して、お母さんが悪い、あなたが悪い、ということではありません。昔はこんなんじゃなかったのに、と過ぎたことを言っても詮無い(せんない)ことです。

いま、どんな関係なのか、どんな関係でいたいのかをよく考え、そこに至る努力をしてみてはいかがでしょうか。お互いに冷静になれないようでしたら、少し距離を置いてみるのも一計ですね。ちょっとした態度や言葉遣いで間合いを調節することでも、効果はあるかもしれませんよ。

青江覚峰

 

profile_futura_lineblack

僧侶 青江覚峰

浄土真宗東本願寺派 湯島山緑泉寺住職。米国カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理、食育に取り組む。「暗闇ごはん」代表。超宗派の僧侶によるウェブサイト「彼岸寺」創設メンバー

▼これまでの連載はこちらから


感想を送る

本日の編集部recommends!

暮らしを見直す
小さくはじめて大きく変わる。水道水をおいしくする新習慣を取り入れてみました[SPONSORED]

クリスマスギフトにおすすめのアイテム
大切なあの人や、自分へのご褒美に。当店のおすすめアイテムを集めました♩

お買い物でこちらの手帳をプレゼント!
今すぐに使える2024年版のスケジュール帳できました。

【動画】秋冬のお供に
あったかショール「ラプアンカンクリ」を、香菜子さんの暮らしに取り入れたら

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像