【バイヤーのコラム】思い入れがある場所、だからこそ。

バイヤー 石谷

『もし、お金も時間もたっぷりあったら何がしたい?』

そう聞かれれば、ちょっとベタかもしれませんがわたしは「世界一周!」だなんて答えてしまうのだと思います。

自分では想像もしていなかったような新しいものに出会う瞬間はいつだって楽しいし、慣れ親しんだ文化とはまた違うものを感じるのも面白い。

だから、海外に行くのが好きです。

そんなわけで、これまでに20か国ほど行ってみたのですが、中でも特に好きなのがイギリスです。

 

ロンドンでワーキングホリデー

というのも昔、ワーキングホリデービザを使ってロンドンに2年間住んでいました。

当時は新しいことの連続で、発見ばかり。

例えば、住み始めた頃は『ビールなんて苦くて飲めたもんじゃない』なんて思っていました。

だけど現地で「レモンサワー、プリーズ」と言ってもカウンターから一向にそれは出てこないわけで。

当時十分な英語力も、お酒の知識もなかったわたしにとって、一番簡単だったのが「ビア、プリーズ」と言うことでした。

(この後、ビールの味を知ったわたしは、ギネスのパイントをお代わりするまでに成長します……。)

おかげさまで、帰国する頃にはすっかりビールでたぷたぷになったお腹と共に、日本へ旅立つことになったのですが。

そんなことを差し引いても、この時ビールの美味しさを知れたのは大きな発見。

仕事終わりや休日に仲間と集まって、ビールを片手にパブで喋るじかんがこの上なく好きでした。

 

行こうと思えば行ける……かもしれないけれど

そんな思い出のたくさん詰まったロンドン。

大変なこともこれでもかというくらいあったけれども、やっぱり楽しかった。

でもあれからロンドンには、まだ一度も行けていません。

渡航時わたしは21歳、そして今はというと、もうすぐ30歳を迎えます。

時間が経ちすぎてしまったせいなのでしょうか。

懐かしく思う反面、『思い入れがある場所』や『かつて夢中になっていたこと』に再び対面するのは、なんだかちょっぴり、心構えが要ることのように感じてしまう自分がいるのです。

『あの時のわたし』が感じたワクワクや感動を、『今のわたし』は超えられるだろうか、と。

また、当時の状況とは変わったことも沢山あるので、『もうできないこと』の壁にぶち当たったりして、自分自身の変化に落ち込んだりしないだろうか、とも。

 

そんな臆病心が働いて、ずっと行けずじまい。

だけどふとした時にやっぱり思うのです。ロンドンにまた行きたいなあ、と。

確かに、当時とは変わったことがたくさんあるけれども、だからこそ逆に、今の自分が何を感じるのか、興味があるのもまた本音。

 

さて早いもので、明日からはもう11月。

少し早めの振り返りをはじめつつ、来年こそはと、『ロンドン旅行』の予定を入れてみようと思います。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像