【バイヤーのコラム】日常の小さなナイスプレーも

バイヤー 竹内

▲ラグビーの中継が始まるまでに夕飯やお風呂も済ませてスタンバイしていました。

ラグビーワールドカップが終わってしまって、さみしいこの頃です。

少し前のOYATSUYASUN・梅澤さんのコラムでも、ラグビーにハマっている気持ちが綴られていました。はい!わたしもそのひとりです!(にわかファンです……)

スポーツ全般あまり積極的に観戦する方ではないのですが、たまたま夫が学生時代ラグビー経験があったことから、今回のワールドカップを横目で観ていたことがきっかけ。

みるみるうちにハマり、決勝トーナメントに進んでいくまでの日本代表チームの試合はもちろん、準決勝も、決勝も最後までラグビーを楽しみに過ごした1ヶ月強でした。

わたしが印象に残っているシーンは、日本 VS スコットランドの試合の中で、タックルをうけながらも4人連続でパスを繋げてそのままトライを決めたプレー。タックルされて自分が倒れかけながらするパスを「オフロードパス」と言うそうです。カッコいい!(用語は覚えたてです)

そんなナイスプレーをみてからその後も注目していたのは、得点する以前に誰がどんな動きをしているのだろうということ。

いいパスがあったからこそ。強靭なディフェンスがあったからこそ。タックルされては倒れを繰り返しながらも少しずつ前に進んだからこそ。

華々しい結果があるのも、その前にチームでコツコツ繋いだ道筋があってこそなんだなあと、しみじみ考えさせられたのです。

 

日常のナイスプレーに注目してみたら

ラグビーの話題から飛躍してしまいますが、日常のこんなシーンがふと浮かんできました。

我が家は夫婦ふたり暮らし。時にお互い余裕がなくなり、家事分担のことでもモヤっとしてしまうことがあります。

夕飯後に洗って、水切りカゴいっぱいになった食器を翌朝片付ける。
自分が使った直後にトイレットペーパーが切れたら新しいのを補充してから出る。
ゴミ箱に新しい袋をセットする。
ポストの郵便物をチェックする。

こういった家のなかの細々したことって、「自分ばっかりやってあげてる」という気持ちになってしまったり、逆にやってもらったこと自体に気づかなかったり。

自分でやるのは当たり前、でもやってもらうのは当たり前ではなくて、ありがとうなんですよね。

日常の中で見逃してしまいそうな、そんな「ナイスプレー」にもう少し注目してみたら、今よりちょっと朗らかな気持ちで暮らせそうだなあと思ったのでした。


感想を送る

本日の編集部recommends!

送料無料でお届け!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
たった1分でプロの味わいが楽しめる「DRIP POD」。お部屋になじむ美しいデザインも魅力です♩[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】密着ドキュメンタリー公開中!
『hope』ブラウス、完成までの405日の歩みを追いかけました

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像