【Buyer’s Selection】長く大切に着たいと思えるニットがある冬。

バイヤー 森下 バイヤー 森下

冬がたのしみになるニット、見つけました

本格的な寒さがついにやってきましたね。みなさんはこの冬、新しいニットを迎え入れましたか?

わたし・森下は毎年着まわしやすいニットを買い替えるくらいなので、いつか「冬が待ち遠しい!」と思えるニットがほしいなと思っていました。

そんなときに見つけたのがこのJohn Tullochのニットだったんです。

わたし自身ノルディック柄に憧れはありつつも、子どもっぽくならないか不安で今まで選べずにいました。

でもこのニットは色味や柄がカントリーすぎずモダンなところが素敵。

しかも100年以上の歴史をもつスコットランドの老舗ブランドだから、見た目だけではなく品質もたしか。

これは長く愛せるニットだ、そう思ったらどんどん愛着が湧いてきました。

このニットをこの冬迎えることができたなら……。そんな私の冬の生活を想像してみました。

 


 冬がきた!と思えるワクワク

衣替え時に収納ボックスから顔を出す、お気に入りのニット。
このノルディック柄が私にとっては冬の象徴そのもの。
どんなコーデにするか考えながら、出番を待ちます。



 ダークな服でも、いい差し色に

冬はどうしても全身暗めのコーデになりがち。
でも素敵な柄で顔まわりがパッと明るくなるのが嬉しい。
コートからチラッと見えるのもかわいい…!



「好き」と思える、手元と後ろ姿

ふと目に入る袖口の模様もお気に入り。
直接肌が触れる手首も柔らかくてあったかい。
普段見えない後ろ姿も、いつもより安心なんです。




雑貨のような愛らしさ

普段着る服はシンプルなものが多いから、
ノルディック柄ってだけで心躍る。
なんだか北欧で暮らしている気分で自然とニヤけてしまう。




特別だから、お手入れも

長く着たいニットだから、お手入れもしてみようかな。
いつもはしないけど、この子だけ特別。
ニットを育てているみたいで、ますます愛着が湧いてくる。


* * * * *

想像を膨らませば膨らますほど、こんな素敵なニットを何年もかけて着ていたいと思えてきました。

まだまだこれから寒くなるこの時期。体だけではなく、心もホカホカになりそうです。

 

本日ご紹介したニットはこちら


本日の編集部recommends!

フライパンひとつで「毎日のごはん作り」の手間は変わる?
料理家・瀬戸口しおりさんに伺った、ちいさなストレスを解消する毎日使う道具。[SPONSORED]

当店をアプリでも!
待望の「お気に入り機能」やリトルプレスが無料で読める特典もあるんです♪

【動画】モーニングルーティン
体調に合わせて始める。自家製石鹸・ハーブを取り入れた朝時間(YouTubeが再生されます)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像