【僕のおやつ日記】それは、まるで手紙のように

OYATSUYA SUN 梅澤 OYATSUYA SUN 梅澤

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

この時期、忘年会という名目で外食が増えがちですよね。

我が家は、忘年会に限らず、休日たまに息抜きがてら夫婦二人で外食をします。どちらも食いしん坊なので、スマホにはメモした「行きたいお店リスト」がズラリ。何かと理由をつけてリストを消化しようと画策しています。

最近ご飯を食べていてふと気付いたのですが、二人ともお店のメニューが大好きです。

特に、一皿目を頼んでから、料理が来るまでの間ずっとメニューを見てしまいます。

カジュアルな立ち飲み屋さんでも、ちょっと背伸びが必要なビストロでも、注文した後もずっと握りしめているレベルで好き。

食い意地が張っているからでしょう。次は何を頼もう、このお酒にはこれを合わせたいよね、など、メニューを肴にお酒が飲めてしまうのです。

メニューだけでなく、出てきた料理そのものについて話し込んでしまうこともあります。

工夫を凝らした逸品が出てくると、会話の主役はもうずっと目の前のそのひと皿について。

と言っても、評論家のような分析はできないので、

「おいしい、ちょっと意味がわからないほどおいしい」

「一生口の中に入れていたい」

「結婚してほしい(主にシェフに対して)」

「明日も来よう?」

「タッパー持ってくればよかった(おかわりして持ち帰りたいほどおいしいの意)」

など、ただひたすら褒めるだけの会話が繰り広げられています。

▲メニューが壁にかかってるタイプのお店なんかは大変です。飲んでる間ずっと首をぐるぐる動かしてメニューを確認。

気がつけば、食事をしているあいだ中ずっと食べ物の話をしているという、よく言えば目の前のことに集中している時間を過ごすことに。

メニューは、見れば見るほど面白い。

文字の大きさや書いてある順番。何ページ目に何を書くか、その一品が黒板に書いてあるのは何でなのか。そこには、意識的にも無意識的にも、何かしらお店側からのメッセージが隠れているような気がするのです。

思えば、メニューはお店とお客さんが共有できる数少ないコミュニケーション手段の一つ。そういう意味で、メニューはまるで、店主やシェフからの手紙のようだと思います。

 来年は、どんな手紙を受け取れるでしょうか。その出会いが今からとても楽しみです。

▼年内最後の販売!お休みのお供にぴったりな「特別なレモンケーキ」本日より販売開始です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


本日の編集部recommends!

水曜日はシチューの日
週の真ん中、献立で悩まないためのマイルール [SPONSORED]

ドラマの世界を詰め込んだプレミアムBOXとイラストTシャツ販売中!
劇中に登場するアイテムたちを商品化。ドラマの世界をお楽しみいただけます♩

【最新動画】わたしの好きな時間
センチメンタルな秋の夜長。癒しのチャイと秋色ネイルで心をほぐす

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像