【ご飯づくりをラクに】 頼れるところは、頼っていい。 忙しい夕飯どきを支える時短アイテムって?

ライター 藤沢あかり

手放し方は、自分で選ぶことができる?

忙しくても、時間をかけずにおいしい食事を作りたい。その思いがかたちになった「時短アイテム」に、日々救われている人も多いかもしれません。焼くだけで食べられる冷凍食品や温めるだけのレトルトのお惣菜は、今やわたしたちの強い味方です。

そうはいっても、ときどきふとよぎるのは小さな罪悪感。「本当は、手作りがいいはずなのに」。

では「手作りがいい」理由ってなんだろう? 自分でつくれば素材も調味料も明らかだから? 薄味にできるから?

厳選した安心、安全な食材の定期宅配サービス「Oisix(オイシックス)」が提案している考え方に、「プレミアム時短」というものがあります。

後ろめたい気持ちで頼るのではなく、「おいしさ」と「たっぷり野菜の栄養バランス」、「食の安心・安全」などの付加価値を添え、堂々と誇れる姿勢で取り入れようというのが「プレミアム時短」という考え。

ではその中身や味は、どんな感じ? 実際に、「家族の食事は大切にしたい」と考えている方にお試ししてもらいました。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

「お菓子食べたい!」と「ご飯できたよ!」
どっちが早いか競争です

今回、お話をうかがったのはフリーランスの編集者、そしてフードディレクターとしても活躍する松田祐子(まつだゆうこ)さん。

家に帰れば、小学2年生と3歳、2人の女の子のお母さんです。仕事を終えて帰宅したら、寝かしつけまではノンストップ。「毎日、夕飯ができあがるのと、子どもたちが『お菓子食べたい!』って言い出すのと、どちらが早いか必死です」と笑いますが、そのめまぐるしさは想像に難くありません。

松田さん:
「暮らしの中で、一番大切に考えているのが食事です。

毎日、家族で1食でもきちんと向き合って食べることができたら、それだけで良い関係を育んでいけると思うんです。部活などでも『同じ釜の飯を食う』って言いますよね。家族は社会の最小コミュニティだし、体だけでなく心のためにも毎日のご飯は大切にしたいです。

料理をするのは大好きなので、食事やお弁当の仕込みをしていると、ついあれもやりたい、これもやっておこうと、気づけば夜遅くになっていたりするんです」

そう話す松田さんの目に、安心・安全を掲げるオイシックスは、どのように映っているのでしょうか。

松田さん:
「オイシックスは、上の娘が赤ちゃんのころにお世話になっていました。親になり、食の安全が気になりだした頃です。野菜も果物も本当においしくて、安心できるものばかりですよね。でも、注文スケジュールが読めなくなってきて、仕事復帰のタイミングで中断してしまったんです。

実は、冷凍食品や加工食品は『自分の手で作らなくちゃ……』と、どこか抵抗があって、使ったことがなかったんです。あまりなじみがなく、少し罪悪感をおぼえていたのかもしれません」

そんな松田さんに、オイシックスが提案する加工食品や冷凍食品などを試していただきました。もちろん、単なる「手軽さ」「時短」をめざすのではなく、きちんと厳選された材料で、おいしく食べることを大切にした、「プレミアム」な食材です。

 


日々のご飯に
プレミアム時短の食材を取り入れると?


▲左から、冷凍食品の『真あじで作ったハンバーグ』『レンジで!北海道産4種野菜のコロッケ』『バラ凍結!長野県産とろっとなめこ』。どれも合成保存料・合成着色料は不使用です。

松田さん:
「今回、オイシックスの冷凍や加工食品の原材料表記をじっくりと見てびっくりしました。素材の産地や細かな原料も詳しく書いてあるし、家でも用意できるようなシンプルな材料です。本当にこだわっているんですね。自分できちんと選べば、安心できるものでラクになるのかも、と思えてきました」

 

平日に魚料理のバリエーションが増やせました

国産真あじのミンチに、玉ねぎを合わせた『真あじで作ったハンバーグ』は、お気に入りになったひとつです。調理は凍ったままフライパンで焼くだけ。

オイシックスでは、こんな焼くだけ、湯煎やレンジで温めるだけのメニューがとても充実。たとえばハンバーグだけでも18種類以上(※)の品揃えがあり、シーンや気分に合わせて飽きずに楽しめます。

※2020年3月現在

松田さん:
「あじのつみれが大好きなんですが、作るとなると時間もかかります。長女はお肉をあまり食べないので、平日は野菜と魚が中心なのですが、魚料理にバリエーションができるのはすごく嬉しいです!」

▲「練り物はシンプルな素材のものを選びたいけれど、なかなか近くで見つけられないからオイシックスなら安心」と松田さん。たっぷりの大根おろしや、ソテーした野菜も添えました。

 

バラ凍結は、ちょっと使いができてうれしい!

▲この日、作ったのは豆腐のなめこあんかけ。だし汁に醤油とみりん、『とろっとなめこ』と豆腐を入れてひと煮立ちさせたら、片栗粉でとろみをつけて完成です。

家族の人数や料理に合わせて、手間をかけずに使いたい量を調節できる「バラ凍結」の種類も豊富に。今回お試しした『とろっとなめこ』も、使い勝手の良さに驚きだったそう。

松田さん:
「なめこのバラ凍結って初めて見ました。使いたい分だけ使えるから、すごく便利……! いつもは一度で使い切りたいので、お味噌汁に入れるくらいしかありませんでしたが、これならお豆腐にちょっとだけ乗せたり、味のアクセントにできますね」

 

チンするだけだから、お弁当にも、朝ごはんにも!

▲松田さん撮影

松田さん:
「冷凍コロッケって手軽そうですが、これまで使ったことがなかったんです。べちゃっとするのかなと思ったら、レンジだけで本当にサクサクに仕上がるんですね。ちゃんとおいしいし、お弁当のおかずにもぴったりでした!

朝はコロッケサンドにしてみたら、『またこれ食べたい!』って大好評だったんですよ」

 

キットの本格的なおいしさ、新たな発見です。

オイシックスを代表する食材サービスが、「kit Oisix(キットオイシックス)」。野菜をたっぷり使った主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキットです。

今回はこの中から、『小ねぎ香る、さばのみぞれ煮(3人前)』を試してもらうことに。

松田さん:
「びっくりしました。さばがおいしい! わたしが作るより、数倍おいしい気がします(笑)。でき合いの魚って身がかたくなったり、味がしみ込んでなかったりするのが心配でしたが、こんなにおいしいんですね。

長女とは反対に、魚より肉が好きな次女もこれはぺろりと一人前を完食。レシピを知りたいくらい!って思ったら、『もう一回つくろう』というコーナーがあって、ちゃんと分量が載っていたのがうれしかったです」

▲みぞれ煮はパウチごと熱湯にいれて6分で完成。一人前は半身一枚分と、ボリュームもしっかりです。

松田さん:
「副菜も、豆腐にかけるあわせダレがおいしくて、勉強になりました。タレは鍋で煮立てるのではなくレンジというのも手軽でありがたいですね。洗い物が少ないから、夕食からお風呂への移行もスムーズで、すごく助かりました」

 

料理にかけていた時間を、思い切って手放してみたら

松田さん:
「今回、初めてミールキットや冷凍食材を使ってみて、生活が変わりそうな気がしています。味や素材が安心できるおいしいものだというのはもちろんですし、本当にラク。なにより、浮いた時間で別の仕事……というよりは、『母親の仕事』に集中できる気がするんです。

10分あれば、いつもは片手間だった子どもの宿題をちゃんと隣に座って見てあげたり、絵本を読むことだってできますよね。子どものためというよりも、自分が子どもと向き合えているという心の安定剤かもしれません。

レトルトや冷凍食品って手抜きなのかもと思っていましたが、料理にかけている時間を思い切って手放すことで、違うかたちで自分や子どもに還元できている気がします」

▲「野菜たっぷりのスープを作っておくと心の余裕につながる」と、この日は白菜と油揚げ、わかめのおすましも添えて。たくさん作って、翌日以降は味噌汁やシチューに展開していくのだそう。

「時短」でうまれる時間は、10分、15分程度のもの。あとちょっとがんばれば、自分でできてしまうこともたくさんで、だからこそ、みんながんばりすぎてしまうのかもしれません。料理が好き、食べることを大切にしている人なら、なおのことです。

時短が支えるのは、時間や手軽さだけではありません。頼れるところは、頼っていい。そう安心できる「プレミアム時短」なら、「家族を思う親心」も一緒にお手伝いしてくれそうです。

▼新鮮な食材が届く「おためしセット」の申込はこちら

▼よろしければアンケートのご協力をお願いいたします

【写真】濱津和貴(10枚目以外)


もくじ

第1話(3月12日)
【ご飯作りをラクに】30分で3品できる! 忙しい日の夕飯どうしよう?を助けるアイテムとは

第2話(3月19日)
【ご飯づくりをラクに】 頼れるところは、頼っていい。 忙しい夕飯どきを支える時短アイテムって?

profile_futura_lineblack

松田祐子

編集者/フードディレクター。大学卒業後、女性ファッション誌『Zipper』、歴史や教育、ライフスタイルなどの書籍編集を経て、デジタルコンテンツの企画や編集、運営を手がける。現在は独立し、編集業に加えフードディレクションを中心に活動。instagram:@mikaku_in_tokyo

 

ライター 藤沢あかり

編集者、ライター。大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像