【スタッフコラム】美しきファッションに憧れて

お客様係 市原 お客様係 市原

最近、Netflixの番組『ネクスト・イン・ファッション』にハマり、一気に最後まで観ました。

世界で活躍するファッションデザイナーが集まり、毎回デザインのお題にあわせた衣装を作り上げ、競い合います。選ばれたものだけが次なるステージへと勝ち進み、優勝者は高額な賞金と成功のチャンスを手に入れるという番組。

お題は「スーツ」や「ストリートウェア」など様々なものが発表され、デザイナーたちはデザインから縫製まで短期間で仕上げます。

完成した衣装はランウェイで発表されるのですが、それを見るのが毎回もうとっても楽しみで。私も審査員になったかのような気分で、見入ってしまうのです。

いつも私の想像を越えるものが映し出され、デザイナーたちはどうしてこんなものを生み出せるんだろうと、尊敬の念を抱きます。

バトルなので毎回敗退者が決まるのですが、選ばれなかった者も、自分の作ったものにきちんと信念と自負を持っており、その姿もまたかっこいいのです。

そして、お互いにデザイナーとして才能を認め、時に助け合ったり、プレッシャーと戦い、それらを乗り越えて一緒に喜び合う様子をみて、その道のプロと呼ばれる人たちの、人としての凄さも感じます。

一方、いち視聴者の私は、家事の中でもお裁縫は苦手。全くもって自信がありません。

家庭科の授業で習ったことが、かろうじてできるかなという程度で、服作りやデザインは自分には決してできないと思っている分野です。

けれど昔から、普段は着ることがない、美しくきらびやかな洋服を見るのが大好きでした。

幼い頃は少女漫画の主人公が着ている服に憧れました。コミックの表紙やカラー原稿を見ながら、一生懸命真似をして描いたり。

中学生になると、母が買っていた雑誌『GINZA』を夢中になって読んでいました。(のちに聞くと、私があまりに熱心に繰り返し読むものだから、買ってくれていたそうです)

当時、外国人モデルが表紙を飾り、自分が買っていたティーンのファッション誌にはない世界観や、ハイブランドのファッションやバッグ、アクセサリーの美しさに見惚れていたのでした。

そしていま大人になって、そういう甘美なファッションに身を包むことはない日常を過ごしています。

それでもここ数年も、「メットガラ」や「ドリス・ヴァン・ノッテン」を題材にしたファッションドキュメンタリー映画がやると聞けば観に行き、それはそれは感動して映画館から出てくる自分がいるのだから、やっぱり変わらず求めているのだと思います。

ものを作る人たちの美意識や、信念や情熱に教えをもらい、出来上がる美しいファッションという産物にいつも夢をもらっているのです。

番組を見てそんなことを思い返し、これからも美しいものを見続けたいと、静かに胸を熱くするのでした。

 


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像