【スタッフコラム】お母さんは何がすき?

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

日々、5歳の息子から聞かれることがあります。それが「これのどこが好き? どうして好きなの?」。

きっかけは昨年のクリスマスにやってきた、自由自在に動くロボットのフィギュア。すごく気に入って、あらゆるポーズをとらせながら問いかけます。

好きなところは、理由を含めて3つは言わないといけません。

「大きく回る肩がかっこいいな」
「尖ったこの部分がいいね」
「表情がキリッとしてて強そう」などなど。

それを聞くと満足そうに、ぼくはね……と好きポイントを伝えてくれるのです。

好きなアニメシリーズがいくつかある息子。日々、◎◎で何がすき?のやりとりが欠かせません。

初めは正直面倒に思ってしまっていたけれど、ある時から、夕食づくりの途中や洗濯物を干している最中でも、ほんの少し手を止めて真剣に答えるほうが、私はスッキリ&息子も納得することが分かりました。それはそうか、自分が好きなものについて話す時間だものね。

不思議とそのほうが、自分もぐんと面白がれるように思います。

 

お母さんは何がすき?

その日も質問の嵐が続くなかで、不意に「お母さんは何が好き?」とひとこと。キャラクターでも、ポーズでもなく「わたしが」何を好きなのか。

言葉に詰まるわたし。「えっ、なんだろう。ちょっと待ってね、考える!」と焦って部屋をぐるぐると見渡す。私は何が好きなんだっけ……

数秒後答えたのは、「お母さんはこのお花が好き。ピンクの花びらが重なっていてきれいでしょ。緑の小さな丸も見ていて楽しいし、部屋にあると元気が出てくるんだよ〜」と、理由もセットで。

満足したのかしないのか、いいね!という顔をしてまた別の話題にうつる息子。でも、その問いかけがずっと忘れられません。

以来、時々「何が好きだろう?」と考えるように。思いをめぐらせながらも、自分が好きなことを考えるのって、とても幸せな気持ちの流れなのだなあということを、改めて実感しました。

そうして今思うのは「わたしは、この家が好き」ということ。理由はいくつもあげられる。次に聞かれたら、それらを話したいなあと、スタンバイしています。

 


本日の編集部recommends!

Buyer's selection|おうちピクニック
自宅でピクニック気分がたのしめる、愛らしい小物たちを集めました。

本日の再入荷
涼やかなガラスの器が再入荷!イイダ傘店のハンドタオルやCampagneの時計など人気アイテム入荷中!

リトルプレス販売終了のお知らせ
販売中のバックナンバーの一部は、当店アプリなら無料でご覧いただけます!

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像