【スタッフコラム】父と土星を見たこと

編集スタッフ 奥村

家の目の前に、遊具のない公園があります。

けっこうな広さがあるのに、置いてあるのはベンチだけ。子供が遊んでいるよりは、大人がぼうっと座っている風景を見ることの方が多いような、妙にシンプルな公園です。

それでもここ数ヶ月は、学校がお休みの子供たちや、サッカーの練習をする少年と見守るお母さん、前よりも誰かがいることが増えました。

そんな中で、ときどき見かけるようになったひと組の親子がいます。

40代半ばくらいの眼鏡をかけたお父さんと、小学生くらいの男の子。平日の夜、ちょうどわたしが仕事を終えてランニングに出る頃、キャッチボールをしている場面に出くわします。

ともすればよくある光景です。でもなぜかその2人が気になったのは、なんだか少し、ぎこちなさそうなキャッチボールに見えたから。

スポーツウェアやユニフォームを着るでもなく、ふつうの普段着にグローブをはめた、どちらかといえば「スポーツマン」タイプではなさそうなお父さん。

何かを話すでもなく、黙々とボールを投げ合っている光景は、なんだか今だけのもののような気がして。たまたま見かけられた日は、少し嬉しい気持ちになっていました。

そんな2人を見ていたからか、この間唐突に思い出したのが、むかし父と2人で土星を見に行ったこと。

たぶん20年以上前のことですが、忘年会のビンゴ大会か何かでもらったと、ある晩父が急に天体望遠鏡を持ち帰ってきたのです。

父自身が楽しんでいたのかもしれないし、私が見たいとせがんだのかもしれません。それを持って近くの公園に星を眺めに行ったことがありました。

望遠鏡をのぞいたら、くっきりと輪のついた、図鑑で見たままの形をした土星が見えて、とっても驚いたこと。

もしかしたら記憶は少し脚色されているかもしれないですが、確かに土星が見えた!と幼心に感動したことを、本当に唐突に思い出しました。

 

子供の頃の思い出は、それから大人になるまでのめまぐるしい十数年で、後ろの方に追いやられてしまうことだってあるかもしれません。でも、こんな風に急に思い出して、心がじんわり温かくなることもある。ちゃんと覚えているものなんだなと思います。

この頃はまた、静かに戻ってきた公園。ちょっぴり慣れない様子でキャッチボールをしていたお父さんの姿は、もうあまり見られないのかもしれません。

それでも、そんな時間があったことを、いつかずっと先に、男の子が思い出すタイミングがあったらいいなと思うこの頃です。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像