【スタッフコラム】どんぐり拾いの季節です。

商品プランナー 緑川


3歳の娘。休みの日になると、せっせせっせと庭から自分の自転車を出し、ガラガラガラ〜と補助輪の音を鳴らしながら一目散に近所の公園へ向かいます。

それは、今の季節の楽しみのひとつである「どんぐり拾い」のため。

ちょっと前までは、袋いっぱいになるまでたくさん拾い集めることに満足感を得ていたようですが、最近では、量より質。

いかに “いいどんぐり” を見つけられるか。

その “いいどんぐり” というのは、ただサイズが大きければOKということではなく、色艶や形のきれいさが採点基準になるようです。シイの木やナラの木など、木によってどんぐりの形が違うんですよね。

まるで宝石を査定しているかのように、真剣な眼差しで手にとっている姿がなんとも愛らしい。私も一緒になって拾っていると「ママの、なかなかいいどんぐりだね!」なんて褒めてくれるのも嬉しくて。

選別したどんぐりを持ち帰ったら煮沸処理は忘れずに。煮沸を忘れて、虫が発生し、ぎゃ〜!となった経験が何度かあり……(あと洗濯機からぽろーんと出てくることもよくある)

▲個人的には帽子をかぶっているどんぐりに一番きゅんとする

つい先日のこと。家にどんどんとどんぐりが溜まっていくので、どうしたものかと保育園の先生に相談してみたところ、たくさんの工作レシピを教えてくれました。

楊枝をさしてコマにしてみたり、顔を描いて人形にしみたり、いろいろな活用法があってなんだか面白そう!

ところが、娘に提案してみると、「いやだ!」と頑なに拒否。まさかの反応に拍子抜けしてしまいました。工作は好きそうなのになぁ。

理由を聞くと、“いいどんぐり” だから、傷つけたりせずにそのままとっておきたいそう。

あー私は娘の価値観をわかっていなかったんだと反省。量より質を選ぶようになったり、大切なものを丁寧に扱いたいと思うようになっていて、そのちょっとした成長になんだか感動してしまいました。

本当に宝石みたいに大事に思っていたなんて! ごめんねと謝り、今度かわいい小瓶を買って中に入れて大切にしようと約束しました。

***

私自身も子どもの頃は、よくどんぐりを拾って遊んでいたはずなのに、いつの間にかその存在を気にならなくなっていました。

大人になるにつれ、忙しない日々を過ごし足元を注意深く見ることが減っていったからかもしれません。

でも今またこうして、ゆっくりとした時間の中で子どもと一緒にどんぐりを拾ったり、ちいさな発見をしてほっこりした気分を味わっています。

“いいどんぐり” 拾いの季節、もうしばらく楽しみたいです。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像