【スタッフコラム】明日が楽しみで眠れないころは

編集スタッフ 齋藤

「明日も、明後日も、ずーっと楽しみなことばかり。もう眠れないよ〜」

そう言ってベッドでジタバタしたことが、幼い頃何度もあったことを覚えています。ほかにも、誕生日まであと3ヶ月(!)なことに飛び上がるくらい嬉しくなったり、クリスマスまでを何日も前から数えたり。

そうして大人になり、結婚して、親になって。明日も明後日も楽しみで眠れない!と思う夜は……正直ずいぶん減り。どちらかというと、明日が心配で眠れない、というほうが幾分増えたかもしれません。

でも、それと相反して「自分にとってのおまじないが何か」を理解するようになりました。たとえば……

帰宅してすぐ、窓辺のLEDライトをまっさきに灯すと心が平らになる。

ベッドに入って眠る気になれないときは、明日着る洋服を考えてみる。

心配ごとが頭から離れないときは、どうしてそう思うのか遡って気持ちをなぞってみる。

自然と繰り返すようになったこれら。合間合間はドタバタと心も身体も動いているけれど、帰宅後の一瞬と就寝前のその時間があるとゴワゴワとした頭の中が整う気がしました。

このおまじないは、朝の動きにもしかり。

引っ越し後、キッチンの見渡しがよくなり、この場所で前の晩の片付けや朝の支度をするのが好きになりました。

洗いカゴに入った皿たちをごっそり食器棚へしまう。

保育園のコップを子どもの身支度テーブルに置く。

電気ケトルでお湯を沸かして、気に入りの番茶をいれる。

リビングの床上を片付ける。(夜の間に片付けることは諦めました……)

動きながら、昨晩寝る前に考えていたことをもう一回頭によぎらせてみると、ぐるぐる巡ってばかりだった頃とは違う角度から考えられたり、昨日よりも前向きになっていることが増えたように感じます。

▲保存瓶に茶葉をいれて。コーヒー一辺倒だった飲み物事情に変化が起きました。

明日が楽しみで仕方がない。そんな風に思うことが減るのって、残念だな。寂しいな……と思っていたけれど。あれ? 自分の心を平らにしたり、明日もきっと大丈夫、と思えるおまじないを知っているって、いいかも。

翌朝を思って胸を躍らせることと同じくらい、1日の始まりや終わりに種をまいていくことって居心地がいいのかな。そう覚えはじめた、冬のはじまりです。


本日の編集部recommends!

家をもっと好きになる
古民家に住んで7年目。愛着がさらに増した、夏の小さなリノベーション【SPONSORED】

Buyer's selection
サングラスやアクセサリーなど、今すぐ使いたい、夏のファッションアイテム集めました!

映画『青葉家のテーブル』さらに劇場追加が決定!
個性派がずらり。佐賀・沖縄・宮崎・茨城・愛知など『青葉家のテーブル』上映劇場をご紹介。

忙しない平日の定番は、常備菜を活用して彩りよく、洗い物も減らせる「一碗一汁ごはん」
わたしの朝習慣

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像